« 燻製サーディン | トップページ | 銅マグのジントニック »

2015年3月29日 (日)

気さくに鮮魚を

 2月7日(土) そう吾(最寄駅:近鉄奈良線・富雄)
 休日の奈良散歩です。この前、嫁たぬきと一緒にお邪魔したことがある「そう吾」さんに寄ってみました。鮮魚自慢のお店はちょっと高いんですが、ここは手頃な値段でおいしい魚をいただけます。
150207
この時期の鮮魚では「寒ブリ」は外せないでしょう。ちょうどいいのが入荷していました。血合いの色だけでなく、脂がよくノった白身のところも色が濃いぃのは、天然モノの特徴の一つですね。めちゃめちゃ脂がノってます。ゴツっ!と分厚く切っても旨いですが、大将はあえてやや薄めに切っています。脂がよくノった身の柔らかな歯ごたえと口の中でじんわりとろける脂の風味を楽しむには、このほうがいいですね。
 一方、これから旬を迎える「アサリ」は、酒蒸しでいただきます。
150207_2
粒がデカい。ほっこり蒸し煮にされた身はプリプリ。身が分厚いですよ。合わせてある野菜は「菜の花」です。ほろ苦さとアサリから出た旨味が春らしくていいですねぇ。
 ここでは、お得な大将おまかせの造り盛りもあるので、旬の魚をいろいろと味わってみるのもいいな、と思いました。気さくに入れる鮮魚自慢のお店は、燗酒好きにはたまりませんね。

|

« 燻製サーディン | トップページ | 銅マグのジントニック »

居酒屋日記(気まぐれ更新)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2077515/59443271

この記事へのトラックバック一覧です: 気さくに鮮魚を:

« 燻製サーディン | トップページ | 銅マグのジントニック »