« 銅マグのジントニック | トップページ | 自家製さつま揚げ »

2015年3月29日 (日)

老舗のひと串

 2月21日(土) とり平(最寄駅:阪急電鉄・梅田)
 言わずと知れた新梅田食堂街の老舗焼鳥店「とり平」さんは、夕方には満席になることが多いので、落ち着いて飲むなら早めにお邪魔するのがお勧めです。
 たまたま仕事帰りに梅田を通りましたので、お昼も食べてなかったし、ちょっと早めの晩御飯に一杯やって帰ります。
150221
「つくね」3種。(写真左から)「ピーマン肉詰め」「つくね(ネギなし)」「つくね(ネギあり)」です。肉そのものの味がシッカリしているので、塩味で十分です。
 おっちゃんの大好きな「皮」。
150221_2
強火でパシっ!と一気に炙ってあります。表面はめちゃめちゃ香ばしいですが、中のフワ感が全然失われていないのは、あの強力な火力のなせる業でしょうね。

|

« 銅マグのジントニック | トップページ | 自家製さつま揚げ »

居酒屋日記(気まぐれ更新)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2077515/59443549

この記事へのトラックバック一覧です: 老舗のひと串:

« 銅マグのジントニック | トップページ | 自家製さつま揚げ »