« ほっこり感満点 | トップページ | 至福の朝酒 »

2015年6月14日 (日)

ことしの造幣局

 ことしも嫁たぬきと造幣局の通り抜けに行きました。
Dcim3521_640x480
「鬱金」(うこん)が満開です。花弁の外側がほんのり緑色を帯びているのがわかるでしょうか。花芯のピンクとの対比が美しい。
 おっちゃんの大好きな「御衣黄」(ぎょいこう)。
Dcim3528_640x480
鬱金よりも花弁の緑色がはっきりしており、少し縮れたような感じが印象的です。開花から日がたつと、花芯のピンク色が花弁にも広がっていき、独特のグラデーションになります。
 白い大輪の花が清楚な「鐘馗」(しょうき)。
150411
染井吉野みたいにみっちり密集して咲く品種よりも、近くで見るにはこれくらいまばらに花があるほうが、目が疲れないので好きです。
 ことしの桜「一葉」(いちよう)。
150411_2
うっすらピンクの美しい八重です。
 おっちゃんの大好きな「須磨浦普賢象」(すまうらふげんぞう)。
150411_3
何が好きって、このうつむきかげんに咲く控えめな感じと、鬱金を思わせる薄緑の花弁と山桜のように赤みを帯びた葉の対比のしっとり落ち着いた美しさ。マニアックですかねぇ(笑)
 造幣局の外、大川沿いの公園にも桜がたくさんあります。
150411_640x480
山桜もあるんですね。清楚でいいですねぇ。
 さてと、桜を愛でた後にすることといえば、やっぱりご想像通り…(続く)

|

« ほっこり感満点 | トップページ | 至福の朝酒 »

桜の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2077515/60372955

この記事へのトラックバック一覧です: ことしの造幣局:

« ほっこり感満点 | トップページ | 至福の朝酒 »