« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月23日 (日)

焼味噌

 6月17日(水) 樽 金杯(最寄駅:阪急電鉄・梅田)
 梅田のJR高架下、新梅田食堂街のルーツは戦後の闇市だといいます。多くの露天商や屋台などが集まっていたエリアが、今は高架下の昭和な食堂街になっています。もちろん、飲み屋もたくさんあって、老舗が何軒も残っています。
 そんな老舗の一軒「樽 金杯」さんは、樽酒がメインの立ち飲み屋さんです。ワイワイと賑やかな立ち飲み屋さんと違って、大騒ぎするお客さんはおらず、実に大人な空間です。こういうお店ではあまり長居せず、黙ってシュっ!と飲んで、チャっ!と払って、「ごちそうさん」と言い残してサっ!と帰って行くのが恰好いいんですよね。いやしいおっちゃんにそんなことができるかちょっと不安でしたが、前から気になっていたので寄ってみました。
 う~ん、なるほど、店内は静かというか、上質な静謐(せいひつ)感がありますね。
150617
確かに大人な空間です。大きな声でオーダーしなくても、「お酒」と普通に声を発するだけで、ご主人が「冷や? 燗?」と聞いてくれて、「冷やで」というと樽から酌んだ酒がシュっ!と出てきます。アテはボソっ!と「ハモ落とし」とつぶやいてみました(笑) 小ぶりですが、プリっ!としたええハモです。
 次は皮にしましょう。そうです、「ハモ皮とキュウリの酢の物」です。
150617_2
冷や酒にピッタリ。口当たりが良いので、スイスイ飲んでしまいますねぇ。
 隣のお客さんが、何やら小さな器に入ったこげ茶色の物体をアテに飲んだはります。おぉ~、それは「焼味噌」じゃないですか! そんなアテがあったら、もう…
150617_3
3杯目です。もう、とてもチャっ!と飲んで、シュっ!とは、よう帰りません(笑) 味噌で酒を飲むというと…もうこの話は何度もしましたので、やめときましょう(もし、どうしても気になるとおっしゃる方は、「居酒屋櫻守 旧店舗」の検索エンジンに「事足りなん」と入れて探してみてください)。小さな器のフチやハダに付いた調味味噌のコゲがたまらん。チマチマ大切に舐めながらやると、あと3杯はいけそうですが、泥酔して帰ると嫁たぬきに怒られそうなので、今日はこれくらいにしておきましょう。泥酔する前にシュっ!と帰るのが、恰好のいい大人の飲み方ですからね(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カツオの造り

 6月8日(月) たか志(最寄駅:JR大阪環状線・桃谷)
 お馴染み「たか志」さんで久々に一杯。定番の「ポテトサラダ」からいきますか。
150608
マヨネーズがシッカリ効いたポテサラ。オカンの味っちゅう雰囲気です。キリンさんの「一番搾り」の生が旨い。大阪では、生は圧倒的にアサヒさんですから、キリン党のおっちゃんは、時々無性にキリンさんの生が飲みたくなります。
 「カツオの造り」があるじゃないですか。
150618
綺麗なカツオです。これはタタキにすると、ちょっと面白くないでしょうね。脂のノりがマイルドなピチピチの若いカツオは造りが似合います。炙った皮までちゃんと付いているところが泣かせますよねぇ。添えた青紅葉が涼しげ。
 急に暑くなりましたので、サッパリしたアテがうれしい。
150608_2
「ハモ皮とキュウリの酢の物」。丁寧なお酢の処理で余計な酢酸臭もなく、スッキリサッパリ。
 定番のアテ「おから」。
150608_3
ややしっとりで、優しいオカンの味。
 見た目が涼しげなので、この前から気に入っている「煮凝り」。
150608_4
う~ん、涼しげ。添えたワサビをチョン!と付けて、ピールをグっ!とやると、スッキリサッパリな夏のアテです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

神代も聞かぬ竜田揚げ

 6月14日(日) KARAKU(最寄駅:JR大和路線・法隆寺)
 法隆寺の近くを流れる竜田川は、在原業平の歌「千早ぶる 神代も聞かず 竜田川 唐紅に 水くくるとは」の歌でよく知られています。竜田川の水面が紅葉の落ち葉に美しく染まる様を詠んだ歌です。歌とは関係ないですが、カラリと揚がって旨そうに紅に染まった揚げ物を、いつしか「竜田揚げ」と呼ぶようになりました。
 ということで、竜田川が流れる斑鳩町は、竜田揚げの聖地になっているそうで、唐揚げ好きのおっちゃんとしては気になる存在であります。町起こしの一環として、竜田揚げにちなんだ「竜田揚げ↑(あげあげ)プロジェクト」というのも行われているというので、そりゃ、もう訪ねないわけにはいきません。
 駅前の商店街に、早速、プロジェクト参加店を見つけました。
150614_640x427
「KARAKU」さんというそうです。屋号は先ほどの歌の「唐紅に」の「からく」から取ったのだそうです。細い階段を2階に上がった、ちょっと隠れ家のような雰囲気のお店です。バーのような落ち着いた雰囲気で、じっくりとお酒を楽しめそうです。
 それでは、早速「竜田揚げ」を。
150614_640x427_2
タレに漬け込んだ鶏肉の、粉のついたところは淡く、粉が薄いところはタレの醤油がコゲて赤っぽく色づいています。粉は片栗粉でサクっ! パシっ!と揚がり、中はジューシーで、揚げ時間のタイミングが絶妙であることがわかります。刻みショウガだけでシンプルにいただくと、実にサッパリ。漬けダレの浸み具合も濃すぎずちょうど。鶏肉の旨みが倍増しています。こりゃ、神代も聞かぬ旨い竜田揚げですよ。添えられた紅葉は、本物の竜田川の紅葉だそうで、プロジェクト参加メニューの証なのだそうです。
 もう一品、奈良らしいアテを。
150614_640x427_3
馬肉の燻製「さいぼし」です。強火でサっ!と炒めてあります。香ばしさが増すのと、少しクセのある馬肉の脂が香ばしくなって濃厚なコクが出ています。牛肉のさいぼしで同じことをやると、多分脂っ濃くてしつこいでしょうね。
 若きご主人は「竜田揚げをきっかけに、法隆寺しか人の集まるスポットがなかった町全体の盛り上げにつながるといいですね」と言ったはりました。他にも、クジラや魚など、様々な竜田揚げで参加したはるお店があるそうなので、また来てみないといけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月22日 (土)

アナゴの煮凝り

 6月5日(金) たこ柾(最寄駅:京阪電鉄・枚方市)
 今日は嫁たぬきが遅番。おっちゃんはのんびり一杯やって帰ります。「ハモが食べたいなぁ」とお馴染みの「たこ柾」さんに寄ったんですが、祇園祭と天神祭を控え、さすがにちょっとエエお値段ですねぇ。
150605
突き出しに「モロヘイヤのお浸し」が出ました。珍しいですねぇ。キリンさんのジョッキが涼しげです。
 じゃあ、いつもの「炊き合わせ」から。
150605_2
おぉ~、ユズ皮が香る透き通った冬瓜が涼しげですねぇ。
 「いいソラマメがありますよ」と板長さん。
150605_3
そりゃ、やっぱりシンプルに焼きで。塩をチョン!「すみません、『一本義』ください!」と叫んでしまいました(^^;)
 「アナゴの煮凝り」がありますね。う~ん、煮凝りシリーズが続きます(笑)
150605_4
透き通ったプルプルの煮凝りは、口に含むとホロリと崩れ、そこに冷えた酒をキュっ!とやると、もうたまりませんね。
 定番の「おから」をもらって…
150605_5
ぼちぼち飲んでいたら、嫁たぬきが「今どこ?」と電話してきました。「たこ柾さんにいるよ」というと、「じゃあ、お腹すいてるし、寄るわ」ですって。
 で、嫁たぬきが食いついたのは…
150605_6
「枝豆春巻」。野菜タップリでヘルシーです。
 ガッツリ食べる嫁たぬきは「鶏飯」も。
150605_7
ホクホクの鶏飯。おっちゃんも一口もらって締めとしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

煮凝り

 5月29日(金) 佳幸(最寄駅:近鉄橿原線・田原本)
 お仕事が奈良の田原本で終わったので、ちょっと一杯やってから帰ろうと、近鉄の踏切近くに見つけた「佳幸」さんに寄ってみました。
150529
ちょいとくたびれた赤ちょうちんと信楽焼のタヌキが、なかなかええ雰囲気でしょ?
 生ビールをもらって、アテは何にしましょうかねぇ。刺身とかもありますが、ここはひとつ定番の「ゲソの唐揚げ」なんてどうでしょうか。
150529_2
カラっ!と旨そうに揚がったゲソ。サクっ!とかじると、プリっ! プチっ!とした食感。ゲソって安い食材なのに、こんなに見事にビールのアテになるところがエラいですよねぇ。でも、やっぱり、こうやってカラっ! サクっ!と揚がってないといけませんよ。
 先日、大阪の京橋に開店した「魚介が自慢」という某居酒屋でゲソ唐を頼んだら、衣はベトっ!で、かじるとハゲるわ、中のゲソは揚げ過ぎで固く痩せてショボいわで、「ゲソもまともに揚げれんで、何が魚介自慢や! ふざけるな!」と叫びそうになったことがあります。でも、ここのゲソ唐は、こりゃ、もう、ほんと…あ! ビールがもうないですね(笑)
 おっ! できたての「ポテトサラダ」の入った大鉢が、カウンターの上にドン!と置かれました! そりゃ食べなあかんでしょ?
150529_3
やや堅めに茹でて、ザクっ!と刻んだジャガイモを、他の具や調味料と混ぜまぜした時に適度につぶれた感がすごくいい。マヨネーズがシッカリ効いていますが、全然嫌味だったり下品だったりすることはないですね。ゴロゴロ感がちゃんと残っているジャガイモが、口の中でホクっ!とつぶれてマヨネーズと合わさっていく感じがちょうどいいんでしょうね。できたてなので、まだほんのり温かかったです。
 またビールに合うアテを見つけましたよ。
150529_4
「スジ肉の煮凝り」。透き通ったゼラチンが涼しげです。丸まった脂身なのか、血管なのか何なのか、何やら管状の断面の物体が何とも怪しげで、いかにもスジ肉っぽいですよね(笑) 余計な脂っ濃さがなく薄味、一味唐辛子をパッパ!と振ってやると、そりゃ、もう、ビールが旨いうまい。
 ちょっと1杯のつもりが、ビールによく合うアテと、楽しい女将のトークにつられて、結局、4杯も飲んでしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月20日 (木)

さらさら

 5月28日(木) 穂゜ん亭(最寄駅:JR大阪環状線・玉造)
 さて、先ほどの「なるとや」さんを出まして、まだ時間が早いので、「玉造には、紹介しておきたい姐さんが、もう一人いたはるねん」と、久々に「穂゜ん亭」さんにやって来ました。嫁たぬきは日本酒が苦手ですが、おっちゃんが常日頃寄り道するところは、ちゃんと紹介しておかないと、後がコワいですからね(笑)
 「ちょうど、お好みに合いそうなのが入ってますよ~♪」と女将が冷蔵庫から取り出したのは…
150528_8
おぉ~、おっちゃんの大好きな「大信州」。それも純米吟醸じゃないですか。「夏のさらさら」ってのは初めて見ますねぇ。
 それでは早速…う~ん、確かに非常にサラリとした軽快な飲み口。
150528_10
こんな感じで、アテに「キンピラゴボウ」をもらったりなんかしてチビチビと。「なんぼでも入りそうやなぁ~」「そうでしょ?(^^)」なんて会話をしていると、嫁たぬきに「ほどほどにしとかんと、まだ家まで帰らなあかんねんで」とクギを刺されました。
 嫁たぬきはチューハイなので、ちょっと濃いぃアテ。利き酒師の姐さんに相談すると、「これやったら、酒が負けるっちゅうことはないですね」 とおっしゃるので、特製の「モツ煮」を。
150528_9
ええモツ使ったはりますよ。下処理も丁寧なんで、余計な臭みはなし。薄味でシチューを思わせる洋風、生クリームがちょいとかかったりなんかして、おしゃれです。おっちゃんの大好きな「ハチノス」がホクホクに煮えて旨い。嫁たぬきも喜んでおりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お馴染みの

 5月28日(木) なるとや(最寄駅:JR大阪環状線・玉造)
 嫁たぬきの帰りがおっちゃんと同じような時間になりそうだったので、玉造で待ち合わせてお馴染みの「なるとや」さんで晩御飯。
150528
新装成ってから、あの昭和な雰囲気はどこへやら、まるでバールのような今風なこの雰囲気。新たなお客層を開拓したはるのも納得ですなぁ。もちろん、メニューの工夫も頑張ったはりますよ。
 おっちゃんたちは、いつものおばんざいを突き出しに。
150528_2
「玉ひも煮」。これは旧店舗の時の味です。
 一方、現代風になったのは…
150528_3
「ツナサラダ」。ドレッシングの味が、何だか「シュっ!と」しましたね…ってわかりますかねぇ。前はもっと野暮ったい感じだったのが、シャキっ!とスマートな味になった、ってなイメージです。
 おっ!「ちりめん山椒」がありますね。
150528_4
チマチマと飲むのに 、こういうアテはいいんですよねぇ。
 以前にも増して、デカくなったような気がするのは…
150528_5
「鶏の唐揚げ」。デカっ! 皿が小さくなったのと、付け合わせのキャベツがなくなったので、余計にデカく感じますよ。
 嫁たぬきが「ハムカツ」に食いつきました。
150528_6
ハムを一口サイズに切ってから揚げてあるので、女子がオッサンのように大口を開けてかぶりつく必要はないですね。微妙にプチトマトが添えてあったり、女性客を意識しているというのが伝わってきます。
 店内は今日も混雑、四代目の姐さんはてんてこ舞いの忙しさ。お客さんも「忙しそうやから、急がんでもええよ~」 とか、オーダー忘れられてても「さっき、○○注文したん来ぇへんねんけど、通ってる~?」とか、優しいというか、大らかというか、気が長いというか。この何ともユルい雰囲気は店が新しくなっても、昔とちっとも変わりませんね。まあ、だからいいんですけど(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イワシの白子

 5月15日(金) 初かすみ酒房 梅田店(最寄駅:阪急電鉄・梅田)
 阪急・梅田駅の高架下や地下には、広大なショッピング街や飲食街が広がっています。しばらく来ないとすぐに新しい店ができる激戦区です。今日はお仕事が梅田で終わったし、嫁たぬきは友達と飲み会だし、おっちゃんはちょっと一杯やって帰ることにします。
 おっ! こんなところに「初かすみ酒房」さんができているじゃないですか。梅田店ですね。
150515_4
日本橋の地下にもありますね。酒はもちろん、アテもなかなか気の利いたのがあるんですよ。梅田店はどうでしょうね。
 とりあえずのアテに「ポテトサラダ」をもらいましょう。
150515_8
チョイアテサイズがうれしい。
 「おすすめ」に「カツオのタタキ」がありますね。
150515_7
脂のノりはマイルドですが、綺麗なカツオです。
 ここは、やっぱり冷や酒でしょ?
150515_9
う~ん、いいですねぇ。ニンニクをタップリ効かせていただきます。
 「アジのきずし」なんてあるじゃないですか。
150515_10
この血合いの美しさ。皮目もピカピカです。酢の具合もちょうどよくて、アジの旨みがグっ!と引き出されています。ワサビを少しだけ付けて醤油をチョン!と。日本酒にピッタリですなぁ。
 おっ!「イワシのきずし」もあるじゃないですか。イワシは身が柔らかいので、崩れないように捌いてきずしにするのは、なかなか難しいんですよね。
150515_11
表面だけサっ!と酢が入った綺麗な仕上がり。漬かり過ぎるとクタっ!となるんですよ。血合いの美しさから鮮度がよくわかります。イワシよりコクのある旨味、生臭さは全くありません。丁寧なお仕事ですね。
 おっちゃんがイワシのきずしで旨そうに一杯やっているのを見ていた板長さんが、「『イワシの白子の塩辛』が少しあるんですよ。よかったらどうです?」と勧めてくださいました。おぉ~、裏メニューとか隠しメニューっちゅうやつですね。
150515_12
う~ん、見事に酒のアテですな。もっとコクがあるかと思いきや、意外にもアッサリです。鮮度抜群。そりゃ、そうでなきゃできないですよね。ちょっとこういう手作り感のあるアテって、いいですな。多店展開してたりチェーン店であったりしても、こういう気の利いたことをやろうと思えばできるんですよね。
 「どうです? 旨いでしょ?」と満面の笑みの板長さんが、お仕事を楽しんだはるのが伝わってきて、とても好感が持てました。 また寄ろっと(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月15日 (土)

ロックなカレー

 5月12日(火) がむしゃら(最寄駅:JR大阪環状線・寺田町)
 連休中は嫁たぬきをほったらかしにして飲んでいたので、今日は「旨い焼き鳥を食べに行こう」と「がむしゃら」さんに誘ってみました。
150512_10
「ねぎま」を塩で。プリプリの焼き上がり。いつもながら、ええお仕事です。
150512_11
「つくね」のタネは細か過ぎず粗過ぎず、程よいプリプリ感があります。お皿の「鳥」のロゴは法善寺横丁の名店「二和鳥」さんで免許皆伝の証。
 野菜を食べたい嫁たぬきのリクエストで「がむしゃらサラダ」を。
150512_18
ボリュームもあって、蒸し鶏と和風ドレッシングの相性がパッチリです。
 どんどん焼いてもらいます。
150512_12
丁寧に血抜きされた「ココロ」をタレで。プリプリ、コリコリ、旨味がジュワっ!と。
150512_13
嫁の大好きな「ぼんじり」。適度なコゲの香ばしさがたまらん。
 生でもいけそうな「肝」を強火でサっ! と。
150512_14
ムッチリ、モチモチな半白の肝の甘さがたまらん。
 嫁たぬきの大好きな「手羽の唐揚げ」。
150512_15
熱いのは苦手なはずの嫁たぬきが、アツアツ言いながらかぶりついております。
 「皮」で仕上げ。
150512_16
と思いきや…
150512_17
嫁たぬきは「がむしゃらカレー」。そんなのあったんですね。コロッケ付きで、ハーフサイズ(写真)のあるのがうれしい。じっくりと時間をかけて煮込んだカレーは、ロックンロールのような大人のコクと程よい辛さ。永ちゃん命の大将は「そこんとこ、よろしく‼」と言ったはりました(嘘) それにしても、ウチの嫁たぬき、相変わらずよく食べますねぇ(笑)
 いつもながら生真面目で丁寧なお仕事 、 嫁たぬきも「旨っっ‼」と大喜びでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そうめんアテに冷や酒を

 5月5日(火) 山よし(最寄駅:近鉄奈良線・富雄)
 「昨日もたいがい飲んでたやないか!」とかいう嫁のツッコミは、聞こえないフリをして休日の奈良散歩です。まだ5月とはいえ、そろそろ蒸し暑くなってきましたよ。
 富雄駅の南側は意欲的な若手のお店が増えており、アツいエリアになっていることは、前も書きました。北側は、駅前の昔の路地が残っていて、店舗数こそ少ないものの、味のあるお店があります。
 「山よし」さんは気さくな感じの店構え。
150505
さてと、アテは何があるでしょうねぇ。
150508
おっ!「鶏肝煮」がありますよ。
150508_2
ほっこり柔らかく煮えた鶏肝。脂がノった、いい肝ですね。
 「クジラベーコン」もありますよ。
150505_2
ショウガ醤油でサッパリと。
 冷や酒をもらいましょうか。奈良の地酒がいいですね。
150505_3
八木酒造(奈良市)さんの「升平」です。やや渋みと酸味を感じる、余計な甘さのない、いかにも普通に旨い普通酒。こういう酒のアテには…
150508_3
シンプルに「冷奴」。生ビールをチェイサー代わりにチビチビと。
 で、仕上げは…
150505_4
「そうめん」です。食べ終わった後のめんつゆをアテに、もう一杯飲めてしまうところが何ともたまらんでしょ? そうめん好きなんですよ。寒い時は「にゅうめん」にするといいですよね。 昼酒の仕上げにそうめんで冷や酒をやりながら、暮れゆく生駒山が眺められ、手作りのアテとしっとり落ち着いた風情を気軽に楽しめるお店でした。この居心地は、なかなかクセになりますね。早い時間から年配の常連さんでに賑わっているのも「なるほど」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »