« 煮凝り | トップページ | 神代も聞かぬ竜田揚げ »

2015年8月22日 (土)

アナゴの煮凝り

 6月5日(金) たこ柾(最寄駅:京阪電鉄・枚方市)
 今日は嫁たぬきが遅番。おっちゃんはのんびり一杯やって帰ります。「ハモが食べたいなぁ」とお馴染みの「たこ柾」さんに寄ったんですが、祇園祭と天神祭を控え、さすがにちょっとエエお値段ですねぇ。
150605
突き出しに「モロヘイヤのお浸し」が出ました。珍しいですねぇ。キリンさんのジョッキが涼しげです。
 じゃあ、いつもの「炊き合わせ」から。
150605_2
おぉ~、ユズ皮が香る透き通った冬瓜が涼しげですねぇ。
 「いいソラマメがありますよ」と板長さん。
150605_3
そりゃ、やっぱりシンプルに焼きで。塩をチョン!「すみません、『一本義』ください!」と叫んでしまいました(^^;)
 「アナゴの煮凝り」がありますね。う~ん、煮凝りシリーズが続きます(笑)
150605_4
透き通ったプルプルの煮凝りは、口に含むとホロリと崩れ、そこに冷えた酒をキュっ!とやると、もうたまりませんね。
 定番の「おから」をもらって…
150605_5
ぼちぼち飲んでいたら、嫁たぬきが「今どこ?」と電話してきました。「たこ柾さんにいるよ」というと、「じゃあ、お腹すいてるし、寄るわ」ですって。
 で、嫁たぬきが食いついたのは…
150605_6
「枝豆春巻」。野菜タップリでヘルシーです。
 ガッツリ食べる嫁たぬきは「鶏飯」も。
150605_7
ホクホクの鶏飯。おっちゃんも一口もらって締めとしました。

|

« 煮凝り | トップページ | 神代も聞かぬ竜田揚げ »

居酒屋日記(気まぐれ更新)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2077515/61281115

この記事へのトラックバック一覧です: アナゴの煮凝り:

« 煮凝り | トップページ | 神代も聞かぬ竜田揚げ »