« さらさら | トップページ | アナゴの煮凝り »

2015年8月22日 (土)

煮凝り

 5月29日(金) 佳幸(最寄駅:近鉄橿原線・田原本)
 お仕事が奈良の田原本で終わったので、ちょっと一杯やってから帰ろうと、近鉄の踏切近くに見つけた「佳幸」さんに寄ってみました。
150529
ちょいとくたびれた赤ちょうちんと信楽焼のタヌキが、なかなかええ雰囲気でしょ?
 生ビールをもらって、アテは何にしましょうかねぇ。刺身とかもありますが、ここはひとつ定番の「ゲソの唐揚げ」なんてどうでしょうか。
150529_2
カラっ!と旨そうに揚がったゲソ。サクっ!とかじると、プリっ! プチっ!とした食感。ゲソって安い食材なのに、こんなに見事にビールのアテになるところがエラいですよねぇ。でも、やっぱり、こうやってカラっ! サクっ!と揚がってないといけませんよ。
 先日、大阪の京橋に開店した「魚介が自慢」という某居酒屋でゲソ唐を頼んだら、衣はベトっ!で、かじるとハゲるわ、中のゲソは揚げ過ぎで固く痩せてショボいわで、「ゲソもまともに揚げれんで、何が魚介自慢や! ふざけるな!」と叫びそうになったことがあります。でも、ここのゲソ唐は、こりゃ、もう、ほんと…あ! ビールがもうないですね(笑)
 おっ! できたての「ポテトサラダ」の入った大鉢が、カウンターの上にドン!と置かれました! そりゃ食べなあかんでしょ?
150529_3
やや堅めに茹でて、ザクっ!と刻んだジャガイモを、他の具や調味料と混ぜまぜした時に適度につぶれた感がすごくいい。マヨネーズがシッカリ効いていますが、全然嫌味だったり下品だったりすることはないですね。ゴロゴロ感がちゃんと残っているジャガイモが、口の中でホクっ!とつぶれてマヨネーズと合わさっていく感じがちょうどいいんでしょうね。できたてなので、まだほんのり温かかったです。
 またビールに合うアテを見つけましたよ。
150529_4
「スジ肉の煮凝り」。透き通ったゼラチンが涼しげです。丸まった脂身なのか、血管なのか何なのか、何やら管状の断面の物体が何とも怪しげで、いかにもスジ肉っぽいですよね(笑) 余計な脂っ濃さがなく薄味、一味唐辛子をパッパ!と振ってやると、そりゃ、もう、ビールが旨いうまい。
 ちょっと1杯のつもりが、ビールによく合うアテと、楽しい女将のトークにつられて、結局、4杯も飲んでしまいました。

|

« さらさら | トップページ | アナゴの煮凝り »

居酒屋日記(気まぐれ更新)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2077515/61280661

この記事へのトラックバック一覧です: 煮凝り:

« さらさら | トップページ | アナゴの煮凝り »