« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月25日 (水)

内陸県で産直鮮魚を

 11月14日(土) 福海(最寄駅:近鉄吉野線・岡寺)
 休日の奈良散歩に出掛けたのはいいんですが、雨が降ってきました。日も暮れて、一杯やって帰ろうと思うと、さすがこの辺りまで来ると、そんな簡単にお店がありません。
 おっ! 遠くに白い提灯が光っていますよ。
151114
「福海」さんの看板には「漁港直送」って書いてありますよ。内陸県の奈良で産直鮮魚とは、気になるじゃないですか。
 店内に入ると潮の香り。いけすがありますよ。とりあえずビールを。
151107_2
突き出しは「イカゲソの酢味噌和え」ですよ。刻んだミョウガがいいですねぇ。
 お造りをお任せで。
151114_2
(写真手前右から時計回りに)「タイ」「マグロ」「ブリ」の3種盛り。ネタ的には、別段珍しくはないですが、やはりというか当然というか、鮮度がいいですよ。タイは適度に寝かされて旨味が引き出され、ほんのり脂のノったマグロの赤身はコクがあって味が濃いぃ。ブリは脂のノりはややマイルドですが、甘味だけでなく香ばしさも感じます。こりゃ、やっぱり日本酒にせなしゃあないですよ。お酒は「猩々」(北村酒造、奈良県吉野町)の普通酒です。辛口の燗酒が合いますねぇ。
 クジラの造りもあるじゃないですか。
151114_3
しかも「鹿の子」ですよ。こんな美しいのは久しぶりです。脂は真っ白で赤身は牛肉かと見まごうほど鮮やか赤身。甘醤油をチョン!と付けていただくと、口の中でとろけます。これだけいいと、ショウガは付けないほうがいいですね。
 冬の味覚「牡蠣」を定番の「カキフライ」で。
151114_4
これは、やっぱりビールですよね。大粒のカキが3個、野菜サラダがタップリ付いています。サクっ!とかじると、もう口の中は磯の香でいっぱいになります。たまりませんなぁ。
 仕上げのご飯モノには、寿司まであるじゃないですか。
151114_5
そら、もう、お決まりの「鉄火巻き」。マグロが甘いですよ。ちょうどお腹も膨れたし、雨で冷えた体も温まったので、あまり遅くならにうちに帰るとしますか。ここは魚好きの嫁たぬきを連れて来たら、きっと狂喜乱舞するでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネギバラ

 11月13日(金) どんたく(最寄駅:JR東西線・北新地)
 夕方にお仕事が江坂で終わったので、梅田で降りて北新地からJRに乗りましょう。その前に、お腹がすいたので、ちょっと寄り道。
151113
駅前ビル地下の焼鳥屋「どんたく」さんに。突き出しは「マカロニサラダ」、いいですねぇ。
 屋号からわかるように、博多スタイルの焼鳥のようです。
151113_2
最初に豚バラとネギの串、名物「ネギバラ」が2本、自動的に出てきます。焼鳥と焼トンが混在しているんですね。なるほど、シンプルな塩味で旨い。
 ちょい飲みのつもりなので、あとは「玉ひも」と「つくね」を1本ずつ追加するだけにしましょう。
151113_3
すりおろしたタマネギとショウガが効いたニュートラルなタレ。鶏でも豚でも合うようにしてあるんですかね。玉ひもはキンカンがホクっ!とヒモはプリっ!とネギはシャキっ!と、楽しい食感。つくねもプリっ!とした焼き上がりで、キメが細かいタネですね。食べ飽きない味ですよ。
 もうちょっと食べよかな、と思ったんですが、気づけば満席で焼き台の上も満員。こりゃ、今から追加を頼んでも、ちょっと順番が回って来なさそうなので、今日はこれくらいにして、また寄ってみることにしますか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

定番

 11月12日(木) かぎや(最寄駅:JR大阪環状線・桃谷)
 お仕事が遅くなったおっちゃんは、気分的にくたびれたので、軽く一杯やってから帰ろうと、久しぶりにお馴染み「かぎや」さんに寄りました。
 そんな日に限って、お店も激ヒマだったそうです。だから、遅い時間なのに、日替わりのアテがまだありましたよ。
151112
「厚揚げ焼き」。絹揚げを鉄板で焼いただけのシンプルなアテ。網焼きした厚揚げはアテの定番です。鉄板焼きだと、ふっくらした感じになりますね。タレは大将がちょいとお仕事をしたやや甘の醤油。こういう定番のアテが旨いのはホっ!としますね。今日はもう遅いので、ビール1本だけ飲んで、おとなしく帰るとしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月23日 (月)

老舗のおでん

 11月9日(月) はる(最寄駅:JR大阪環状線・京橋)
 京橋には数多(あまた)のお店がありますので、前から知っていて「おっ!」と思っていながら、なかなか行けてないところもたくさんあります。「はる」さんもそんな1軒で、お休みだった嫁たぬきが、おっちゃんのお仕事が終わる頃に京橋まで出てくるというので、この機会に行ってみることにしました。
151109
シブいというか、灯りがともるとチョット怪しげな雰囲気(笑)
 でも、お仕事は何とシブいこと。
151109_2
「造り盛り」は(手前から時計回りに)「アマエビ」「マグロ」「タコブツ」「イカ」の4種盛り。アマエビはプリっ!として臭みなく甘い。マグロの赤身は濃いぃですね。タコブツの香りと歯ごたえの心地よさ。イカは少し寝かされてネットリと甘い。珍味佳肴でなくても、普通に旨いアテって、ほんとシアワセですよね。燗酒が旨い。
 目の前におでん鍋がありますよ。
151109_3
嫁たぬきチョイス。(手前左から時計回りに)「厚揚げ」「スジ肉」「大根」です。淡いダシに濁りは全くなく、丁寧に炊いたはることがよくわかります。大根でダシの良さを堪能した後は、スジ肉でお仕事の丁寧さに感動します。当然、厚揚げも普通に旨い。
 おっちゃんチョイスは…
151109_4
「竹輪」(写真手前)と「豆腐」(写真奥)。豆腐のカドがちょっと欠けているのはご愛敬。ダシを吸い過ぎてノビてないプリっ!とした竹輪。ダシが淡いので余計な色が付かず、じんわり味が浸みた豆腐。日本酒飲まなしゃあないですよ。
 嫁たぬきが、またシブいアテを。
151109_5
「タイの子煮」。炊いたん系の定番の一つです。「余計な色を付けず、こんなに綺麗に、しかもおいしくシッカリと味が浸みるように炊いてみたい!」と料理好きの嫁たぬきが闘志を燃やしております(笑) アンタ、日本酒ほとんど飲まへんのに、こういう日本酒系のアテ、ほんま好きやねぇ(^^;
 おでんをおかわりしましょう。
151109_6
「水菜」(写真手前)と「玉子」です。水菜はもちろん注文してから鍋にハマります。玉子は煮抜き(茹で玉子)の殻をむかず、ヒビを入れた状態で殻ごと煮てあります。3日ほどダシにハマって、懐かし~いこげ茶色になった玉子も大好きなんですが、こうすると時間はかかりますが玉子に余計な色が付かず、綺麗に煮えるんですよ。恐竜の玉子みたいなスジ模様は、殻に入れてたヒビの跡です。注文するとダシから引き上げ、一つひとつ丁寧に剥いてから出してくれはります。この炊き方をした玉子は、久しぶりに見ましたよ。シブいお仕事です。
 おっ! ご飯モノに寿司がありますよ。ということは、お決まりの…
151109_7
「鉄火巻き」(笑) マグロの鮮度は、最初の造り盛りで確認済みですので、旨いに決まってます(^^)v
 聞けば、大将は京橋で40年以上お店をやったはるそうです。どうりで、おでんが「さもありなん」な老舗のお仕事のはずですよ。嫁たぬきも「絶対また連れて来て!」と喜んでおりました。いや~、もっと早くに来てみるべきでしたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガッツリお肉

 11月8日(日) 乃ん喜(最寄駅:京阪バス・四辻)
 ガッツリお肉が食べたい時は、ご近所の「乃ん喜」さんに限ります。どうしてかというと…
151108
名物「ロース焼き」。ブロックのステーキ用ロース肉から切り出した厚切りを、惜しげもなくサイコロステーキ風に豪快に焼きます。特製タレ焼きか、塩コショウ焼きがお好みで選べます。お母ちゃんの特製タレも旨いんですが、今日は嫁たぬきのリクエストで、肉本来の味がシッカリ感じられる塩コショウにしてもらいました。「ガオ~っ!」と雄たけびを上げて食べたくなるような、このボリューム。キャベツもいっぱいです。
 おっ! 今日は「タン」もありましたね。食べる順番をちょっと間違えました(^^;
151108_2
やっぱり「ガオ~っ!」です(^^) レモンをギュっ!と絞ってサッパリと。
 ちなみに、このお店では、お母ちゃん手作りのキムチや漬物がサービスでいただけます。それだけをアテに生ビールを飲んでる猛者もおったりするからスゴい。多分、嫁たぬきもそのクチですね(笑) 生ビールもガオ~っ!と飲んで、大満足のガッツリ夫婦でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名残の朝顔

 すっかり秋も深まって紅葉が見ごろですが、先日、我が家の植木鉢に…
151107
名残の「朝顔」が。すっかり枯れたと思ってたんですけどねぇ。隣のタネと大きさを比べると、めっちゃ小さいことがわかると思います。それから気にして近所を見てみると、野生の朝顔は、まだ結構咲いてますね。温暖化の影響なのか、最近の朝顔はたくましくなったのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月22日 (日)

誕生日のケーキ

 おっちゃんも嫁たぬきも誕生日が11月なんですよねぇ。まず、嫁たぬきがおっちゃんの誕生日にケーキを買っておいてくれました。
151105
「パティスリー ジョーカー」(枚方市)さんの「フルーツタルト」。最近、枚方市駅前の京阪百貨店内に支店ができたんですよねぇ。フレッシュなフルーツいっぱいです。
 で、嫁たぬきの誕生日には、二人で「お菓子工房 新」(交野市)さんにケーキを買いに行きました。ここのお菓子、二人して大好きなんですよねぇ。
151108
「柿のムース」を1個ずつ。柿をケーキにするという発想はちょっとなかったので、「へぇ~」です。柿の淡い甘さと風味を上手く生かし「“薄味”に仕上げた」という感じ。繊細なお仕事ですよ。
 さらに、嫁たぬきには…
151108_2
「和栗のモンブラン」。余計な甘さを抑え、和栗の繊細な甘さとほろ苦さを生かしてあります。
 おっちゃんは…
151108_3
「洋ナシのケーキ」です。キャラメルソースとナッツがいいアクセントになっています。
 いや~、お菓子で秋を堪能したっちゅう感じですなぁ。いつも酒のアテばっかりですので、たまには甘いもんも楽しかったです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

海鮮の金八っつぁん

 11月6日(金) 金八っつぁん 交野店(最寄駅:京阪電鉄交野線・交野市)
 交野ネタが続きます。昔は駅近くに居酒屋なんてほとんどなかったのに、最近、ボチボチ増えてきました。この前まで中華料理店だったところに、枚方市駅近くにもある立ち飲み焼鳥「金八っつぁん」さんの姉妹店、「金八っつぁん 交野店」さんができたので寄ってみました。海鮮焼きがメインのようですが、メニューに「名物」と書いてある「肉豆腐」を。
151106
ほっこりと炊いたスジ肉に豆腐がゴロっ!と入っています。やや甘のタレに豆腐が馴染んで旨い。
 海鮮焼き用の焼き台があるので…
151106_2
おっちゃんは「チョリソー」を焼いてみます…何でやねん!(笑) だって、1人だとすぐにお腹いっぱいになるので、あんまりいろいろ食べられないじゃないですか。海鮮は、ガッツリ食べる魚好きの嫁たぬきを連れて来た時にしましょう。
 でも、魚の鮮度は気になるじゃないですか。で、仕上げに…
151106_3
「鉄火巻き」。シャリが結構ミッチリでガッツリ。マグロがなかなかエエじゃないですか。こりゃ、造りも旨いでしょうね。今度のお楽しみに取っておきましょう(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セルフ焼き鳥

 11月4日(水) よしだ家(最寄駅:京阪電鉄交野線・交野市)
 前から一度行ってみようと思っていた「よしだ家」さんで晩御飯。旨いと聞いていたんですが、行けてなかったので、嫁たぬきを誘って寄ってみました。
151104
自分で焼いて楽しむタイプのお店です。カウンターには電気ロースターがたくさん並んでいます。タレ皿には3種類。左からタレ、岩塩、そして昆布塩ですかねぇ。とりあえずのアテに「皮の湯引き」を。
151104_2
湯引きたてのええ皮ですねぇ。プリプリです。
 焼き物は7種盛りにしました。
151104_3
(写真手前から時計周りに)「皮」「セセリ」「ズリ」「モモ」「手羽中」「胸」「ココロ」の盛り合わせ。それでは、セルフで焼きヤキ…鮮度バッチリです。肉が甘いですよ。おっちゃんは、こんな鮮度いい鶏なら断然岩塩です。
 「つくね」は、こんな感じ。
151104_4
シンプルなつくね。結構細かく叩いてある感じです。鶏肉の甘味と旨味、コゲの香ばしさで、何も付けなくても頼りなくはありません。これも岩塩が似合います。
 肉がこれだけの鮮度なら、生肝も旨いでしょうねぇ。
151104_5
はい! 旨いです(笑) みずみずしい半白の肝が甘いですねぇ。ゴマ油いらないですよ。醤油か塩をチョン!が好みです。
 サイドメニューも充実しています。
151104_6
鶏ハムは鶏ハムでも「生ハム」。透き通った胸肉が美しい。適度な塩加減、キュウリとよく合います。
 ガッツリ食べる嫁たぬきは仕上げのお茶漬け。
151104_7
チャンジャの入ったピリ辛の「季節のお茶漬け」。嫁たぬきは「旨い、旨い」と言いながら、アっ!という間に平らげました。アンタ、確か猫舌と違ったっけ? 旨いもんや好きなもんの時は関係ないみたいですね(笑)
 ここは焼鳥屋さんが2軒並んでいるんですが、もう1軒の「八金亭」さんは串焼きスタイルの名店、そしてここは鶏の鮮度が命のセルフスタイル。お隣同士で見事に共存共栄したはるわけがよくわかりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月15日 (日)

がっつりショウガ焼き

 10月30日(金) 丸山(最寄駅:JR学研都市線・津田)
 今日は嫁たぬきは遅番じゃありませんでしたが、帰ってきたらお疲れでヘロヘロみたいだったので、「晩御飯は食べに行く?」と誘ってみました。週末とはいえ、遠くまで出かけると余計に疲れるので、ご近所の「丸山」さんに久々にお邪魔してみました。
151030
突き出しは「サンマのショウガ煮」ですよ、最高ですね。このお店は生ビールがサッポロさんなんですよ。ご近所では唯一なんで、貴重な存在です。
 さてと、アテは何にしましょうかねぇ。嫁たぬきが「がっつり食べられて、疲れのとれそうなのがいいねぇ」なんていうので…
151030_2
「豚のショウガ焼」をお願いしました。ここのメニュー、なかなかガッツリなんですよ。ショウガがシッカリ効いているので、嫁たぬきは「おぉ~、タマネギもいっぱい。ショウガがたくさん入っているから、体が温まって疲れが飛ぶぜ!」なんて喜んでおります。
 定番の「スジ肉煮込み」ももらいます。
151030_3
アッサリサッパリな味付けですが、スジ肉がホロホロに煮えています。こういう基本に忠実な丁寧なお仕事、大好きです。
 ガッツリ食べる嫁たぬきが食いついたのは…
151030_4
「カマンベールチーズとジャガイモのミックス焼」。ホクホクでボリュームもあって、しっかりとお腹が膨れます。まあ、「おやき」のもう少し“重たい”バージョンみたいな感じですが、チーズがよく効いていて、コゲも香ばしくていいですねぇ。和が中心ですが、洋中韓何でも来いの大将の多彩さがこのお店の信条。中でも、洋食系メニューは、なかなかですよ。メニューにクジラがあるのもポイントです(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月14日 (土)

巻寿司が食べたい!

 10月29日(木) とびこめ(最寄駅:JR大阪環状線・桃谷)
 2、3日前から無性に「巻寿司」が食べたくて探すんですが、そんな時に限って、どうも縁がありません。お昼ご飯に食べようと思うと、そんな時に限って寿司屋さんが近くに見当たらない、スーパーやコンビニの総菜売り場に行くと売ってない。買って帰って晩酌のアテにしようと百貨店の食品売り場に行くと、閉店前で売り切れ。
 そこで、「回転寿司屋には、さすがにあるだろう」と思って、お昼に某回転寿司屋に行くと、今度は「申し訳ありません。当店のメニューにはございません」…でも、店に入ってしまったので、仕方なく高い昼飯を食べましたよ。
 そんなことが続くと、さすがにメゲて諦めるかというと、「そこまで『ない』と言われたら、何が何でも探して食ってやる!」と意地になるのが、おっちゃんの悪いところ。ということで、お仕事が終わってから「とびこめ」さんに寄りました。
151029
まずは、生ビール♪ 突き出しは「鶏肝煮」です(^^)
 いきなり「巻寿司!」と言うのも、つまらんので…
151029_2
「ブリの造り」で一杯。
 ネタケースに綺麗な「ゲソ」があったので…
151029_3
握ってもらいました(^^)v
 で、ようやく…
151029_4
「巻寿司」♪♪ 普通の巻寿司ですが、それなりのお店で食べると海苔が良いから旨いですねぇ。最初からここに来ればよかった。
 この後、 先日、巻寿司を売ってなかったスーパーに買い物に寄って、何気なく惣菜コーナーを見ると、今日は売ってるじゃないですか。腹立たしいので、1本買って帰って一人で食べたら、お腹パンパンになりましたよ。
 で、気づいたんですが、海鮮巻とか太巻でない普通の巻寿司って、スーパーやテイクアウトのお店で買っても、ちゃんとカウンターに座って食べる寿司屋さんと値段に大差ないんですよね。今度から巻寿司が食べたくなったら、迷わず普通の寿司屋さんに行くことにします。でも、しばらくは食べたくならないでしょうけど(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月10日 (火)

絶品ローストポーク

 10月26日(月) かぎや(最寄駅:大阪環状線・桃谷)
 お馴染み「かぎや」さんにちょっと寄り道。今日の日替わりは…
151026
「ローストポーク」です。何という柔らかさ! 「この火の通し方を研究するのに、随分時間がかかりました」と大将。なるほど、これは単なるマニュアル通りでは絶対にできない絶妙な加減ですね。ジューシーな肉の旨みが余すところなく凝縮され、添えられた特製ネギソースがこれまた旨い。
 さらに、こんなのも。
151026_2
普通に「マカロニサラダ」。マヨネーズがシッカリ絡んで、粗びきコショウの刺激がビールをそそります。
 なんて言いながら楽しんでいたら、今日はお仕事が終わるのが遅かったので、もういい時間です。そろそろ嫁たぬきもお仕事が終わる時間なんで、おっちゃんもぼちぼち帰るとしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »