« ネギバラ | トップページ | カブの鋳込み »

2015年11月25日 (水)

内陸県で産直鮮魚を

 11月14日(土) 福海(最寄駅:近鉄吉野線・岡寺)
 休日の奈良散歩に出掛けたのはいいんですが、雨が降ってきました。日も暮れて、一杯やって帰ろうと思うと、さすがこの辺りまで来ると、そんな簡単にお店がありません。
 おっ! 遠くに白い提灯が光っていますよ。
151114
「福海」さんの看板には「漁港直送」って書いてありますよ。内陸県の奈良で産直鮮魚とは、気になるじゃないですか。
 店内に入ると潮の香り。いけすがありますよ。とりあえずビールを。
151107_2
突き出しは「イカゲソの酢味噌和え」ですよ。刻んだミョウガがいいですねぇ。
 お造りをお任せで。
151114_2
(写真手前右から時計回りに)「タイ」「マグロ」「ブリ」の3種盛り。ネタ的には、別段珍しくはないですが、やはりというか当然というか、鮮度がいいですよ。タイは適度に寝かされて旨味が引き出され、ほんのり脂のノったマグロの赤身はコクがあって味が濃いぃ。ブリは脂のノりはややマイルドですが、甘味だけでなく香ばしさも感じます。こりゃ、やっぱり日本酒にせなしゃあないですよ。お酒は「猩々」(北村酒造、奈良県吉野町)の普通酒です。辛口の燗酒が合いますねぇ。
 クジラの造りもあるじゃないですか。
151114_3
しかも「鹿の子」ですよ。こんな美しいのは久しぶりです。脂は真っ白で赤身は牛肉かと見まごうほど鮮やか赤身。甘醤油をチョン!と付けていただくと、口の中でとろけます。これだけいいと、ショウガは付けないほうがいいですね。
 冬の味覚「牡蠣」を定番の「カキフライ」で。
151114_4
これは、やっぱりビールですよね。大粒のカキが3個、野菜サラダがタップリ付いています。サクっ!とかじると、もう口の中は磯の香でいっぱいになります。たまりませんなぁ。
 仕上げのご飯モノには、寿司まであるじゃないですか。
151114_5
そら、もう、お決まりの「鉄火巻き」。マグロが甘いですよ。ちょうどお腹も膨れたし、雨で冷えた体も温まったので、あまり遅くならにうちに帰るとしますか。ここは魚好きの嫁たぬきを連れて来たら、きっと狂喜乱舞するでしょうね。

|

« ネギバラ | トップページ | カブの鋳込み »

居酒屋日記(気まぐれ更新)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2077515/62640387

この記事へのトラックバック一覧です: 内陸県で産直鮮魚を:

« ネギバラ | トップページ | カブの鋳込み »