« がっつりショウガ焼き | トップページ | 海鮮の金八っつぁん »

2015年11月22日 (日)

セルフ焼き鳥

 11月4日(水) よしだ家(最寄駅:京阪電鉄交野線・交野市)
 前から一度行ってみようと思っていた「よしだ家」さんで晩御飯。旨いと聞いていたんですが、行けてなかったので、嫁たぬきを誘って寄ってみました。
151104
自分で焼いて楽しむタイプのお店です。カウンターには電気ロースターがたくさん並んでいます。タレ皿には3種類。左からタレ、岩塩、そして昆布塩ですかねぇ。とりあえずのアテに「皮の湯引き」を。
151104_2
湯引きたてのええ皮ですねぇ。プリプリです。
 焼き物は7種盛りにしました。
151104_3
(写真手前から時計周りに)「皮」「セセリ」「ズリ」「モモ」「手羽中」「胸」「ココロ」の盛り合わせ。それでは、セルフで焼きヤキ…鮮度バッチリです。肉が甘いですよ。おっちゃんは、こんな鮮度いい鶏なら断然岩塩です。
 「つくね」は、こんな感じ。
151104_4
シンプルなつくね。結構細かく叩いてある感じです。鶏肉の甘味と旨味、コゲの香ばしさで、何も付けなくても頼りなくはありません。これも岩塩が似合います。
 肉がこれだけの鮮度なら、生肝も旨いでしょうねぇ。
151104_5
はい! 旨いです(笑) みずみずしい半白の肝が甘いですねぇ。ゴマ油いらないですよ。醤油か塩をチョン!が好みです。
 サイドメニューも充実しています。
151104_6
鶏ハムは鶏ハムでも「生ハム」。透き通った胸肉が美しい。適度な塩加減、キュウリとよく合います。
 ガッツリ食べる嫁たぬきは仕上げのお茶漬け。
151104_7
チャンジャの入ったピリ辛の「季節のお茶漬け」。嫁たぬきは「旨い、旨い」と言いながら、アっ!という間に平らげました。アンタ、確か猫舌と違ったっけ? 旨いもんや好きなもんの時は関係ないみたいですね(笑)
 ここは焼鳥屋さんが2軒並んでいるんですが、もう1軒の「八金亭」さんは串焼きスタイルの名店、そしてここは鶏の鮮度が命のセルフスタイル。お隣同士で見事に共存共栄したはるわけがよくわかりました。

|

« がっつりショウガ焼き | トップページ | 海鮮の金八っつぁん »

居酒屋日記(気まぐれ更新)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2077515/62633031

この記事へのトラックバック一覧です: セルフ焼き鳥:

« がっつりショウガ焼き | トップページ | 海鮮の金八っつぁん »