« 定番イタリアン | トップページ | イカゴロのルイベ »

2015年12月13日 (日)

カキの佃煮

 11月20日(金) とし川(最寄駅:京阪バス・官公庁団地)
 週末なのに、嫁たぬきは遅番です。なので、この前、商工会館近くで見つけた「とし川」さんに寄ってみます。
151120
駅から少し離れた場所で、このたたずまい。ね、ちょっと気になるでしょ?
 生ビールを注文すると…
151120_2
突き出しは(写真左から) 「キノコと万願寺唐辛子のゴマ油炒め」「タイの一口造り」「ネギ入りダシ巻き」です。余計な派手さがなく、しっかりとしたエエお仕事です。突き出しはお店そのものを表すともいわれるくらいですから、このあとが楽しみです。
 お造りをもらいましょうか。
151120_3
「ハリイカのミミとゲソ」をもらいました。締めたて捌きたてのコリコリではなく、少し寝かせムチッ!とした食感。旨味と甘さが凝縮されています。こりゃ、やっぱり日本酒。「嬉長」(上田酒造、奈良県生駒市)があるじゃないですか。ぬる燗でお願いしましょう。やや辛の嬉長がイカの甘さを引き立てます。
 「ヒラメの昆布締め」はどうでしょう。
151120_4
エエ具合にアメ色に締まったヒラメは、魚と昆布の旨味が凝縮されています。酒が進みますよ、これは。普通の刺身より味わいが濃いぃので、ちょいと添えたミョウガがうれしい。箸休めに時々かじりながら、ぬる燗をキュっ!と。
 お酒の帳尻が少し合わなかったので、こんなアテ。
151120_5
自家製の「カキの佃煮」。佃煮といっても、炊き締めてあるわけではありません。プリっ!としたカキの食感を生かしつつ、ピリリと山椒を効かせ旨味を閉じ込めてあります。思わずお酒を追加しそうになりますね、危ない危ない。そろそろ嫁たぬきが帰って来る時間ですので、おっちゃんも帰るとしましょう。時間を見つけてちょっと通ってみたくなる、手作りのアテが楽しみなお店でした。

|

« 定番イタリアン | トップページ | イカゴロのルイベ »

居酒屋日記(気まぐれ更新)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2077515/62943047

この記事へのトラックバック一覧です: カキの佃煮:

« 定番イタリアン | トップページ | イカゴロのルイベ »