« 燻製マヨネーズ?? | トップページ | 焼鳥のハシゴ① »

2015年12月31日 (木)

山里の味

 12月5日(土) 川富(最寄駅:近鉄吉野線・下市口)
 嫁たぬきと奈良散歩です。ちょっと足を延ばして下市へ。山里の旨いもんで一杯やろうという作戦です。
 下市の街をゆくと、「鮎寿司」の旗があちこちに出ています。ちょっと冷えてきましたので、鮎寿司でぬる燗を一杯っちゅうのも温まっていいですねぇ。
151205
「寺坂」さんに入ってみました。美しい鮎の姿寿司。やや甘めの酢加減で優しい味です。鮎特有の香りがほのかに残ってますね。こりゃ、日本酒ですよ。
 さらに坂道を登っていくと、「鍋物、焼肉、ホルモン、お好み焼き、一品料理…」と書かれた「川富」さんの看板が見えてきました。
640x480_2
いったい何屋やねん! こりゃ、入って確かめなしゃあないですよね(笑)
 普通に居酒屋メニューや食事メニューもあって、大将によると、元々は焼肉屋だったそうです。いかにも山里のほっこりと温かくのんびりした雰囲気のお店です。
151205_2
とりあえず「ドテ煮」を。薄味ですが、めちゃめちゃ丁寧に炊いてあります。ビールが旨いですよ。真っ赤なカウンターは、いかにも昭和40年代の焼肉屋かホルモン屋を彷彿とさせ、ルーツは焼肉屋だという先ほどの大将の説明もナットクです。
 「ヒネ鶏」の旨いのがあるというので…
640x480
ヒネ鶏のモモ1本焼きです。シンプルに塩コショウでじっくりと焼き上げてあります。しっかりした歯ごたえですので、添えられたはさみでチョキチョキしながらコリコリといただくと、もう、そりゃ、濃厚な旨味タップリ。
 さっきから目の前で旨そうに煮えている「おでん」が気になってたんですよ。
640x480_3
「豆腐」と「コンニャク」をもらいました。地元のお店から仕入れた焼き豆腐はコクがあって旨い。コンニャクも力強い弾力があり、コンニャクイモの風味がはっきりしています。丁寧に隠し包丁が入れてあるので、優しい味のダシがじんわりと浸みています。女将さんは、ストーブの上にかけたやかんから湯を注ぎ、取り皿を温めてから取り分けてくれました。こういうちょっとした心遣いに、ほっこりと心まで温かくなります。
 帰りは下市口駅から阿部野橋駅まで、特急「さくらライナー」のデラックスシートを奮発し、コンビニで缶ビールとちょいアテを買い込み、のんびり帰路についたのでありました。

|

« 燻製マヨネーズ?? | トップページ | 焼鳥のハシゴ① »

居酒屋日記(気まぐれ更新)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2077515/63319551

この記事へのトラックバック一覧です: 山里の味:

« 燻製マヨネーズ?? | トップページ | 焼鳥のハシゴ① »