« 豆カレー | トップページ | おでんde電車 »

2016年2月 6日 (土)

ミルフィーユなハムカツ

 1月22日(金) はる(最寄駅:JR大阪環状線・京橋)
 いとこの梅吉兄貴と久々に京橋で一杯。兄貴はお仕事の関係で、年末から1月にかけては非常に多忙なんですが、忙中ナントカでちょっと一杯。お店は任せるというので、ぜひ紹介したかった「はる」さんに。
160122
まずは「うざく」で。丁寧に仕込んだいい合わせ酢です。ウナギのペタっ!とした脂とタレが程よくサッパリ。地味ですが、やっぱりシブい仕事ですな。
 「ハムカツ」なんてあったので、懐かしくて思わず注文しました。
160122_2
デカいハムやな~と思いきや、薄切りのハムがミルフィーユ状態になってます。庶民的ですが、どことなく繊細な味わいのハムカツです。
 「寒ブリの造り」なんてあると…
160122_3
ぬる燗と一緒に頼まなしゃあないですよねぇ。
 一方、梅吉兄貴チョイスは…
160122_4
「アジのきずし」です。漬け酢が少しかけてあります。美しい漬かり具合です。きずしって漬かり過ぎても浅くてもいけないんですよねぇ。キリリとした程よい締まり具合です。
 ここに来たら、やっぱり「おでん」は必須ですよ。実は、ここのおでんを兄貴に紹介したかったんですよ。
160122_5
「豆腐」(写真手前)と「ダイコン」(写真奥右)と「厚揚げ」(写真奥左) 。
160122_6
(写真左から)「玉子」「ゴボ天」「スジ肉」です。この澄んだダシ、そして、殻ごとじっくりと煮て、注文すると殻をむいて出してくれる玉子のふんわり感がたまりません。「殻ごと煮るとは、聞いたことがなかった。堅くなってないのに、シッカリ味が浸みて旨いねぇ」と兄貴も喜んだはりました。

|

« 豆カレー | トップページ | おでんde電車 »

居酒屋日記(気まぐれ更新)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2077515/63820582

この記事へのトラックバック一覧です: ミルフィーユなハムカツ:

« 豆カレー | トップページ | おでんde電車 »