« 絶品! チンクエ・フォルマッジ | トップページ | お山のエスニック »

2016年3月12日 (土)

鶏を応援する会

 3月8日(火) 酉壱(最寄駅:京阪電鉄交野線・郡津)
 この前、京橋で嫁たぬきと「肉を応援する会」をしたところですが、「鶏さんも応援してあげよう」ということで、「鶏を応援する会」をすることにしました(笑) 嫁たぬきがチャレンジしていた日商簿記検定3級に合格したので、お祝いも兼ねてお馴染みの「酉壱」さんに。
 まずは、おっちゃんが「ここに来たらこれを食べないと」の「つくね」です。
160308
レンコンはさみのいつものスタイル。独特のタネと辛めのタレの組み合わせが大好きなんですよ。
 それでは、ガッツリと応援しましょう。
160308_2
「鶏♪ チャチャチャ♪ 鶏♪ チャチャチャ♪」(^^v 基本の「肉串」は、いつも変わらぬプリプリの焼き上がり。
 「タタキ」もいっちゃいましょう。
160308_3
「モモ♪ チャチャチャ♪ タタキ♪ チャチャチャ♪」…たっぷりのカイワレに、嫁たぬきが喜んでおります。
 野菜も食べましょう(^^)
160308_4
「ナス」(写真右)と「ピーマン」(写真中)、そして「ココロ」(写真左)です。丁寧に血抜きして開き、強火でサっ!と焼き上げたココロはプリプリ。辛めのタレにピーマンが旨い。
 久しぶりに「生肝」も食べたいですね。
160308_5
最近、やたらと白肝をアピールする焼鳥屋さんが増えました。でも、ほんまにエエ白肝なんて、そうそうあるもんじゃないですから、鮮度の良い普通の肝のほうが安くて旨いし、余計な脂肪分がなくヘルシーだという考え方もあると思いますけどね。肝本来のほろ苦さと血のコク。みずみずしくて臭みもありません。塩だけて食べると甘いですよ。
 さて、ガッツリ食べる嫁たぬきは…
160308_6
「鶏めし」です。これまで、運悪く売り切れ続きで、嫁たぬきが食べるのは初めてです。ほんのり優しい醤油の塩味と鶏の甘味。ややサックリめに炊き上げてあります。嫁たぬきは「付いている味噌汁も旨い」と喜んでおります。
 ぼちぼち仕上げに塩焼きを。
160308_7
「ズリ」(写真左)と「軟骨」(写真右)。ズリって、焼き過ぎるとダメなんですよ。でも、ええズリじゃないと、よく焼かないと危険なんですよねぇ。サックリと、そしてみずみずしさを残して表面パリっ!と焼かれています。軟骨はフシ(関節)を大きいものは丁寧に開いてあります。食感がそろっていて食べやすい。コゲの香ばしさがたまらん。
160308_8
そして、おっちゃんはいつも仕上げに「皮」。サクサクで、ジュワっ!と旨味と塩気と脂が。ジョッキに残ったビールをグイっ!と空け、鶏さんを応援する宴は終了です(^^)

|

« 絶品! チンクエ・フォルマッジ | トップページ | お山のエスニック »

居酒屋日記(気まぐれ更新)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2077515/64410545

この記事へのトラックバック一覧です: 鶏を応援する会:

« 絶品! チンクエ・フォルマッジ | トップページ | お山のエスニック »