« 因幡の焼き肉 | トップページ | 土佐の春のアテ »

2016年5月 3日 (火)

昭和な立ち飲み

 5月2日(月) 魚庭本店(最寄駅:大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線・蒲生4丁目)
 連休の谷間です。お仕事でしたが、周りはお休みのところも多く、ぼちぼちな感じ。親友の「料理長」さんも同じみたいで、昼過ぎに「ガモ4の『魚庭本店』て立ち飲み屋、行ったことある?」ってメールが来ました。マグロが激安の立ち飲み屋さんだそうです。魚庭とかいて「なにわ」と読むそうです。えらい当て字みたいですが、よう考えたら、鯨のことを「勇魚」と書いて「いさな」と読みますので、魚庭だったらなにわと読めますわな(^^)
 というわけで、
 「何時に終わる?」
 「そら、あんた、今日なんか、余裕で定時で逃亡やがな」
てな具合で、お仕事が終わってから行ってみることにしました。
 地元の皆さんや、ご近所にお勤めの皆さんですでに満員(立ち飲みなんで「満席」ではありません…笑) ちょうどうまい具合に空きスペースがありました。
 とりあえずのアテに「小手羽の唐揚げ」を頼んでおいて、そりゃ、やっぱり、ご自慢の激安「マグロの造り」を。
160502_2
手羽唐が先に来ましたね。う~ん、いかにも真っ黒になった油でこんがり揚げた感じですねぇ(笑) でも、よく味が浸みて旨い。何よりも、190円という値段がいいですよ。
 マグロもきました。生ですよ、ナマ。どう考えても299円はありえませんね。
160502
ペタっ!と無造作に塗った安もんのねりワサビがいかにも昭和です。マグロはムチっ!として旨い。ハマチも食べたかったんですが、もうすでに売り切れです。
 鯨もありますよ。「さえずり」いきましょか。
160502_3
まあ、さすがに芯の鹿の子のところではないわな(^^; 皮のほうなんで、ちょっとカタいですが、安いので文句を言ってはいけません。久しぶりに食べましたねぇ。 それにしても、こういう庶民的なアテが似合いますよ、ここは。
 これも庶民的でしょ?
160502_4
「竹輪の磯辺揚げ」。添えられたマヨネーズをベタっ!と付けるのが似合います。
 居酒屋の定番「ドテ煮」もいきましょう。
160502_5
味噌ベースじゃなく、甘辛の醤油味。コッテリしてますが、サラっ!とした感じ。ビールでも日本酒でも合いますね。
 ここは当然、酒も格安。二人して生ビール3杯ずつ飲んだんで、そろそろ外でお待ちのお客さんに場所を譲るとしましょう。

|

« 因幡の焼き肉 | トップページ | 土佐の春のアテ »

居酒屋日記(気まぐれ更新)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2077515/65292008

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和な立ち飲み:

« 因幡の焼き肉 | トップページ | 土佐の春のアテ »