« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月24日 (日)

夏の冷酒

 7月8日(金) 風花(最寄駅:近鉄奈良線・生駒)
 週末の奈良散歩です。蒸し暑い時は、ホップがキリっ!と効いた爽快なビールが飲みたいですよねぇ。そういや、生駒にサッポロさんの「エーデルピルス」の生を出したはる「風花」さんがあったのを思い出して、ちょっと寄り道です。
160708
温度ピタリ。泡のキメの細かいことといったら。ホップの刺激と香りが心地よい。暑さが飛びますねぇ。
 風花さんは、女将厳選の銘酒をそろえたお店です。ですので、アテは薄味で気の利いたチョイアテがいろいろとそろっています。
160708_2
自家製の「鶏ハム」です。ウチの嫁たぬきもよく作りますが、非常にアッサリと薄味でしっとりした仕上がり。コショウをして仕込まずに、お皿に添えてあります。これをチョン!とやると、ビールにピッタリ。付けずに食べると、冷酒にピッタリです。キリリと冷えた辛口、「黒龍」(黒龍酒造、福井県永平寺町)の純米吟醸をいただきます。
 次は、炊いたん系のこんなアテをもらいました。
160708_3
「小芋の炊いたん」。ムチっ!とした小芋は、柚子風味。キリンさんを1本もらって、ちょっと“一服”です。
 日本酒に合いそうな、こんなチョイアテはどうでしょう。
160708_4
「和風チーズ」。クリームチーズをサイコロに切り、カツオブシと醤油でいただきます。好みで添えてあるワサビを付けるのも楽しいですね。チーズのコクによく合いそうなお酒を女将に薦めてもらいました。
160708_5
「達磨正宗」(白木恒助商店、岐阜市)の10年古酒です。余計なヒネ香、渋みや苦みがなく、熟成した蒸留酒のようなまろやかさ。ややカラメル香を感じました。
 夏は日本酒をたくさん飲みたくなる季節ではないですが、それだけに、こういう上質な酒を少しだけというのは、夏ならではの楽しみ方のような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビール電車再び

 7月5日(火) ビールde電車(京阪電鉄・石山坂本線)
 この前、梅吉兄貴と「ビールde電車」に乗った時、嫁たぬきはお仕事で来れませんでしたので、おっちゃんがお休みを合わせ、嫁たぬきは必死で電話して予約を取ってくれました。今度は大津にお住いのお義父さんとお義母さんも一緒です。
160705
さあ、入ってきましたよ~♪
160705_2
160705_3
お弁当と柿の種、そして生ビールが4人分セットされています。ちょうどうまい具合に、車両のはしっこの席でしたので、景色もよく見えますよ。
 それでは、「かんぱ~い!」の合図で発車!
160705_4
お馴染みの豆藤さんのお弁当。嫁たぬきが「おぉ~、ますますアテ化が進んでる!」と喜んでおります。
 自己責任で持ち込み自由なのをいいことに…
160705_5
蓬莱のジャンボ「焼売」を買ってきました。お義父さんとお義母さんも大喜び。安心してください、ちゃんと京阪百貨店で買ってますよ~(笑)
 2時間ちょっとの旅は、あっ!という間に過ぎ、終点の浜大津に到着。
160705_6
「団体」から「回送」になったビールde電車は、車庫に引き上げて行きました。おっちゃんは今回、6杯を目指してたんですが、4杯でしたね(^^;) もう1回くらい乗りたいな~と思ってたんですけど、もう運行終了まで予約満席みたいです。あ~、楽しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キリンさんのパラダイス

 7月1日(金) キリンシティ 梅三小路店(最寄駅:JR大阪環状線・大阪)
 おっちゃんは先ほどの「山守屋」さんで、なぜ時間調整をしていたかというと、お仕事帰りの嫁たぬきと合流して、ビールの旨いパラダイスへと向かうためです。「キリンシティ 梅三小路店」さんは、名前の通りキリンさん直営のビアホールですから、生ビールを注ぐ店員は、ちゃんとトレーニングを受けているので、そりゃ、旨いに決まってます。
160701_4
う~ん、大ジョッキならぬ大グラス(写真左)。おっちゃんは「ハートランド」の大にしました。嫁たぬきは「ブラウマイスター」の中(写真右)です。アテは嫁たぬきの好みを優先しましょう。
 そりゃ、ビールに合うアテばかりですが、やはりここは定番のソーセージで。それも嫁たぬきのお好みは辛さがビールをそそる「チョリソー」だそうです。
160701_5
そんなに辛いことはありませんが、この長さが笑えますねぇ。二人で食べても結構食べ応えありました。
 もう一つ、「ケルプブルスト」も。
160701_6
今度は太くてガッツリ。こんがり焼けた表面が香ばしい。
 野菜アテはこんなの。
160701_7
「野菜スティック」。ディップ用に付いている肉味噌が美味でした。
 嫁たぬきが食いついたのは…
160701_8
「シラスの焼きジャガ麺」。シラスと細切りのジャガイモを混ぜまぜして、お好み焼きみたいに焼いてあります。シラスの塩味とコゲたジャガイモの香ばしさがビールをそそります。刻み大葉が載ってますね。
 おっちゃんは小腹がすいたので…
160701_9
「四種のチーズのピザ」、クワトロフォルマッジです。チーズたっぷりで旨い。これでチーズづいてしまったおっちゃんは、こんなのも。
160701_10
「チーズクリスプ」です。溶かしたチーズをパシっ!と焼いてスナック風にしてあります。
160701_11
ピルスナータイプのビール(ラガー、中)にも…
160701_12
スタウトタイプ(一番搾りスタウト、中)にもよく合いますねぇ。
 あ~、飲んだ飲んだ。ビールの旨い季節になりました(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シアワセの桜干し

 7月1日(金) 山守屋(最寄駅:阪急電鉄・梅田)
 酔っ払いの聖地、新梅田食堂街でおっちゃんが大好きなお店の一つ「山守屋」さんで、お仕事が終わった後にちょっと時間調整。
160701
生ビールをもらって、「ローストビーフ」をアテに。蒸し暑い時に、冷えたビールをクイっ!と。たまりませんなぁ。
 まだちょっと時間があるので、日本酒にしました。そして、アテは…
160701_2
「桜干し」。イワシのミリン干しです。ちょうどよい大きさのイワシが春先にたくさん獲れるので、桜干しというようになったそうです。何てことないアテですが、これをちょいと炙ってやると、たまらん酒のアテです。
160701_3
あ~、たまらん、このシアワセ。ということで、ちょうど時間となりました(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨のビアテラス

 6月28日(火) キリン一番搾りガーデン 大阪店(最寄駅:JR大阪環状線・大阪)
 グランフロント大阪で、キリンさん直営のビアテラスが期間限定営業中と聞いて、出掛けないわけにはいかないバカ夫婦です。嫁たぬきはお休みだったので、お仕事が終わってから待ち合わせ、早速行ってみました。
 そりゃ、やっぱり…
160628
ここでしか飲めない「一番搾りプレミアム生」です。泡の美しいことといったら。温度最適、口当たり滑らか。
 「ビールのアテといえば、やっぱりこれやろ?」とおっさんの嫁たぬきは「枝豆」を注文しました。
160628_2
プリプリの枝豆。甘味があって旨い。
 おっちゃんは、やっぱり「肉♪ チャチャチャ♪」ですよ。
160628_3
「厚切りベーコンのグリル」です。ピンチョスみたいな細長いつまようじというか串が刺さってますね。ザワークラウトは少し酸っぱめです。
 ビールに合うポテトは、やっぱりジャーマンポテトでしょう。
160628_4
ということで、「ジャーマンローストビーフ」。ジャーマンポテトのベーコンの代わりにローストビーフを使った、ちょっと贅沢なジャーマンポテトです。
 外は雨が強くなってきましたが、濡れさえしなければ、雨のビアテラスというのも、なかなかオツなもんですよ(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月23日 (土)

熱帯食堂

 6月26日(日) 熱帯食堂 枚方店(最寄駅:京阪電鉄・枚方市)
 この前、生駒の「摩波楽茶屋」(最寄駅:生駒ケーブル・宝山寺)さんで、インドネシア料理をアテに飲む楽しさを知ってしまったおっちゃんの耳元で、嫁たぬきが「ご近所にも『熱帯食堂』さんていうエスニックなお店があるよ」と悪魔のように囁(ささや)くんですよ。そんなこと言われたら、行ってみなしゃあないじゃないですか。最近、蒸し暑くなってきたので、嫁たぬきはエスニック料理な気分だったそうです。
 ということで…
160626
ビールは、やっぱりこれでしょう。「ビンタン」。とりあえずのチョイアテに、この前覚えたばっかりの「ウンピン」。
160626_2
ギンナンを潰して薄く伸ばして揚げたみたいなほろ苦さがあり、ポテトチップスのようなパリパリ感と塩味がビールによく合います。
 さてと、お料理は何にしましょうかねぇ。毎回、鶏の唐揚げ「アヤム・ゴレン」というのも芸がないので、こんな鶏料理を。
160626_3
「アヤム・バンガン」、鶏の香味スパイシー焼きといった感じです。添えられたサンバルは、よくある赤いのじゃなく白いが辛さはやや強め。香り高くて旨い。う~ん、南国の雰囲気。
 嫁たぬきが野菜アテを食べようと頼んだのは「ヤム・ネーム」。
160626_4
辛味ソーセージ入りの野菜サラダです。薄く切ったソーセージには、非常に辛い唐辛子の刻んだのが入っていますので、その部分が当たると口の中は大火災です(^^; でも、これがまた、ビンタンに合うんだな。ピーナッツが香ばしくて旨い。
 お腹が膨れるアテも頼みましょう。
160626_5
「パッミー・コーンケーン」。タイの田舎風焼きそばだそうです。モヤシたっぷりでシャキシャキ。麺はモチモチ。辛さはほとんどなく、濃厚でもありません。ゴテゴテしないシンプルな味が素朴でいいですね。 嫁たぬきは「クセになるねぇ」と喜んでおります。
 さすが南国の料理。「暑い時には、こういうのが絶対に旨いやろな」と思うのがそろってますね。コクと味の奥行きが深い国産ビールより、アッサリサッパリなビンタンや、沖縄のオリオン、アメリカのバドワイザーなんかが合いますね。暑いうちに、また来よっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寿司まで気さくな鶴橋

 6月24日(金) すし幸(最寄駅:JR大阪環状線・鶴橋)
 JRの高架下、駅前の大きな横断歩道を渡ったところに「すし幸」さんはあります。立ち食い寿司として雑誌なんかにも取り上げられたお店ですけど、ちゃんと座って食べられるコーナーもあります。
 ちょっと飲んで、まだ小腹がすいていたので「寿司食べて帰ろう」と嫁たぬきを連れてきました。回っていない寿司は高いというイメージが非常に強い嫁たぬきは、寿司屋と聞いてちょっとひるみましたが、入ってお値段を見ると、今度は別の意味でビビったはりました(笑) ほんまに、下手な回転寿司よりよっぽどネタが良くて安いんですよ。しかも、機械やバイトの学生と違って、ちゃんと寿司職人さんが握ってくれはります。
 というわけで、おっちゃんの好きな「ハマチ」(写真手前)と、嫁たぬきの好きな「マグロ」(写真奥)から。
160624_7
 値段を見て安心しやがった嫁たぬきは…
160624_8
「ウニ」。値段を確認したら、なに急に大胆になってるねん(爆)
 おっちゃんはいつものペースでボチボチと。
160624_9
「玉子」(写真左)と「芽ネギ」(写真右)。
 そして、仕上げに「煮穴子」。
160624_10
ふんわり穴子にペタっ!と塗られた詰めがよく合います。
 寿司まで気さくな街、鶴橋に「こりゃ、家帰ってコンビニアテなんかで一人で飲むくらいやったら、しょっちゅう来たなるわな」と納得と驚きの嫁たぬきでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しっとり鶴橋

 6月24日(金) 酒豪(最寄駅:大阪市営地下鉄・鶴橋)
 お給料日の週末なんで、お仕事終わりの嫁たぬきを鶴橋まで呼び出しました。鶴橋というと、賑やかな繁華街で焼肉にホルモンといったイメージですが、そうしたイメージとはちょっと違った雰囲気の「酒豪」さんに行ってみることにしました。
160624
ビールをもらって、ちょいアテに「エンドウ豆の炊いたん」をもらいました。家でもこんなふうに炊けるように、嫁たぬきに“学習”してもらおうという作戦です(笑) 煮崩れず、しかも堅すぎず、余計な色を付けないよう、ほんのり甘い上品な味に仕上げてあります。
 ハモが旨い季節になりました。この時季、どんどん高くなるんですけど、ここは気さくなお値段なんで、安心して頼めます。
160624_2
いいですねぇ。おっちゃんは冷や酒をもらいました。
160624_4
いいでしょ、この風情。お酒は「白鹿」の普通酒です。
 嫁たぬきがカウンターの上の煮物に食いついております。
160624_3
「鶏と野菜の炊いたん」、筑前煮とも肉ジャガともちがいますねぇ。ややぽってりした甘辛で、オカンの味という雰囲気。炊いたん系のアテや、定番メニューが旨いお店って、安心できていいですよね。
 何てことない「シューマイ」。
160624_5
注文すると「何個?」と聞いてくれるところがいいじゃないですか。多分「1個」って言っても聞いてくれはるんでしょうね。
 専門店のお仕事もいいですが、いかにも居酒屋さんなのもいいでしょ?
160624_6
いかにも居酒屋さんの「焼鳥」。ゴロっ!と大きめのカシワが、どこか家庭的でうれしい。これも「何本?」て聞いてくれはります。ワイワイ、ガヤガヤと活気のある鶴橋も大好きですが、賑やかな街の中に存在する、しっとり落ち着いて飲める空間は、何と素晴らしいことでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生ビールの季節

 6月21日(火) 中之島オープンテラス(最寄駅:京阪電鉄・淀屋橋)
 中之島の大阪市役所横のリバーサイドに「中之島オープンテラス」さんが出店中です。野外で飲む生ビールって、ビールの旨いこの季節ならではの楽しみですねぇ。夏到来の風情を楽しみに、嫁たぬきと出かけてみました。
160621
キリンさんの「一番搾り」の生をリバーサイドで。いかにも大阪の夏ですなぁ。
160621_2
アテもビールに合いそうなのがいろいろとあります。「オニオンリングフライ」(写真左)、「チキンタルタル」(写真右上)、「夏野菜のマリネ」(写真右下)です。
 ジュワ~っ!と汗の噴き出る、このクソ暑苦しい感じがビールを余計に旨くさせるんですよ。アテを追加して…
160621_3
「ローストビーフ」(写真右)と「エビパン」(写真左)です。ローストビーフはお手頃価格ながら、そこそこボリュームもあって旨いじゃないですか。エビパンは食べ応えあります。
 おっちゃんは仕上げに「一番搾りスタウト」の生を。
160621_4
野外、それも地べたですので、ビルの屋上のビアガーデンなんかと違って、たまに蚊に刺されたりすることもありますが、「まあ、それも季節の風物詩と思えば」とまでは、さすがに達観できないおっちゃんですので、ほどほどで退散させていただきました(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

居酒屋のハンバーグ

 6月19日(日) 丸山(最寄駅:京阪バス・津田西町)
 親友の「料理長」さんと近所で一杯やろうという話になって、嫁たぬきも一緒に「丸山」さんにやって来ました。
160619
ここは近所で唯一、サッポロさんの生が飲めるんです。赤星のジョッキ、懐かしいですね。
160619_2
付き出しは「ツナサラダ」。なかなか意表を突く展開ですが、ビールのええアテになります。
 3人ともビール大好きなもんで…
160619_3
料理長リクエスト「豚肉とキャベツのスタミナ炒め」です。回鍋肉みたいな感じですが、ニンニク醤油炒めという雰囲気です。ビールによく合いますよ。
160619_4
嫁たぬきオーダー「鶏唐揚」はビールの定番ですよね。
160619_5
で、おっちゃんは安くて旨い「ショウガ天」。ね、ビールの進むアテばっかり。
 料理長が食いついたのは「ハンバーグステーキ」。
160619_6
スキレットでジュワジュワいいながら出てきました。サラダ付きですね。前からメニューにあるのは知ってましたが、料理長はこういう面白そうなアテにすぐ反応しますね。お肉ミッチリで肉汁タップリ、ボリューム満点。
 サッパリとこんなアテも。
160619_7
「揚げ出し豆腐」です。ダシが香りますねぇ。ほんとにこのお店は和洋中の多彩なアテがお楽しみです。3人でビール何杯飲んだっけ?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月10日 (日)

ニシンのサラダ

 6月17日(金) ローレライ(最寄駅:大阪市営地下鉄四つ橋線・西梅田)
 お仕事がちょっと忙しかったのと、座骨神経痛が出て長く座っているのが鬱陶しかったので、少し更新をサボっておりました。
 さて、本題です。週末なんで、お仕事帰りの嫁たぬきを大阪まで呼び出して、前から行こうと思って連れて行ってあげてなかった「ローレライ」さんへ。
 ここに来たら、おっちゃんはやっぱり…
160617
「シュタインヘイガー」と…
160617_2
生ビールに決まってるじゃないですか。この日の生は「プランクピルザール」です(グラスはラーデベルガーですが)。本場ドイツのドラフトをいろいろと飲めるのが、このお店の特徴の一つです。ホップが効いてたまりませんなぁ。
 アテは嫁たぬきチョイスで「ニシンのサラダ」をもらいます。
160617_3
ニシンのマリネがええ具合にサラダになってますねぇ。赤いのはビーツです。マリネだけで食べたら、酢がけっこう舌を刺しそうな感じですが、こうやってサラダにすると「おぉ~、ここにニシンがいたか~」ってな具合で、うまく馴染んだはります。リンゴも少し入ってますね。リンゴ酸の風味で酢酸のカドが取れているのかもしれません。こりゃ、旨いです。
 ドイツなアテといえば、ソーセージは後でいただくことにして…
160617_4
「アイスヴァイン」ですよ、やっぱり。ここのアイスヴァイン、旨いんですよ。嫁たぬきは「アイスヴァインも付いてるザワークラウトも旨っっ!」と大喜びです。
 おっちゃんのビール2杯目。
160617_5
「シュレンケルラ レント」です。燻製大麦麦芽をブレンドして仕込み、復活祭前のレント期間中にだけ限定販売されるものだそうです。スモーキーですが、スタウトのように濃厚でなく、ほんのりな薫香がいい。
 嫁たぬきリクエスト「フライドポテト」。
160617_6
おやきみたいな感じになってますね。「隣のテーブルのおねーさんたちの食べてたのが旨そうだったから」と、連鎖して頼んでしまったアテです(笑)
 で、お決まり「ソーセージの盛り合わせ」。
160617_7
でっかい「カレーブルスト」(写真手前右)が特に美味。「こういう濃いぃアテにピッタリなビールを」とお店のおにーさんに相談すると…
160617_8
「ガッフェル ケルシュ」が出てきました。これは瓶ビールです。おっちゃんが飲みながら、ピルスナーやケルシュが好きやとかいう話を嫁たぬきとしていたのを、さりげなく聞いていて、好みをつかんだはったんですね。肉に負けないコクがありながら、程よい苦みでスッキリと切れ、後口もよく、仕上げにピッタリでした。ここは少し値は張りますが、ビール好きなら、やっぱりたまにはこういう本格的なところで飲みたいもんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

焼き放題

 6月14日(火) 大同門 枚方店(最寄駅:京阪バス・官公庁団地)
 京都鉄道博物館で遊んだ後、「京都で晩御飯食べてると帰りが遅くなるね」ということで嫁たぬきと意見が一致し、とりあえず枚方まで帰って来ました。「今日は暑い中、たくさんウロウロしたので、スタミナ付けよう」という嫁たぬきの提案で、焼肉の「大同門 枚方店」さんへ。
160614
「焼き肉、焼き肉、食べ放題~♪」のセットにしてみました(^^)v
160614_2
念のために、焼き野菜は食べ放題ではありませんよ(笑) そして、お決まりの「ビールは別料金~♪」(^^; でも気にしない、気にしない。
160614_3
焼き放題~♪ 後は写真撮るのも忘れ、ビールと焼肉を楽しみ、食べ放題なのをいいことに、2人で2人前盛りのお肉を3皿も平らげたバカ夫婦した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »