« 夏の冷酒 | トップページ | 不思議なご縁 »

2016年8月11日 (木)

つくね入り鶏スープ

 7月8日(金) 一調(最寄駅:近鉄奈良線・生駒)
 週末なんで、お仕事が終わってからちょっと奈良散歩。生駒にやって来ました。前から気になっていた焼鳥屋「一調」さんへ。
160708
生ビールをもらって、付き出しの「コンニャクの炊いたん」でシュ~っ!と。サーバーやグラスの状態も、温度も最適で旨いビールです。
 それでは、鶏を。
160708_2
「セセリ」をタレで。プリプリのええセセリです。タレはやや濃い辛醤油系です。コゲの香ばしさがいいですねぇ。
 「つくね」はどうでしょう。
160708_3
つくねもタレでいただきます。プチプチ、プリプリのつくねは、意外にふんわり。表面がザクっ!とした感じのタネなので、よくタレが絡んで旨い。
 軽く食べるだけのつもりだったので、「皮」で締め。
160708_4
表面のパリパリ感がいいですねぇ。かじった時のジュワ感との対比が気持ちいい。これで締めのつもりだったんですが、「鶏スープ」が旨そうだったので、つい。
160708_5
つくね入りの鶏スープ。シンプルな塩味で、ざくざくと入ったシイタケがプリプリでうれしい。つくねが入っているので、ちょっと食べごたえもあって、ちょうどいい仕上げになりました。

|

« 夏の冷酒 | トップページ | 不思議なご縁 »

居酒屋日記(気まぐれ更新)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2077515/66950505

この記事へのトラックバック一覧です: つくね入り鶏スープ:

« 夏の冷酒 | トップページ | 不思議なご縁 »