« ホンマの白肝 | トップページ | 山里の旨い寿司 »

2016年9月22日 (木)

みーちゃんて誰?

 8月10日(水) みーちゃん寿司(最寄駅:近鉄大阪線・榛原)
 ことしから「山の日」ができて、11日は仕事がお休みなんで、嫁たぬきを鶴橋まで“召喚”して、大幅に寄り道して帰ります。
 榛原に気になるお店があるので出掛けたんですが、本日は貸切満席で出直すことに。でも、そのまま帰っては電車賃がもったいないし、お腹もすきました。そこで、前から気になっていた、駅前の「みーちゃん寿司」さんに入ってみました。
 寿司屋さんですが、メニューに「中華そば」とか「鶏の唐揚」なんかもあって、これはもう、完全に居酒屋状態です。で、みーちゃんて誰やねん? おっちゃんのお友達にも、お母さんのカラオケ喫茶を手伝っている「みーちゃん」がいますが、全然関係ないですね(^^;)
 ご家族らしき若い女の子や小さな女の子がお店を手伝っています。この子らの中にみーちゃんがいるんでしょうか? まあ、いいや(^^) とりあえず生ビールと、アテに「ハモの落とし」をもらいます。
160810
プリっ!としたええハモです。この辺りのお店になると、大阪湾のハモか伊勢湾から来ているのか微妙なところです。とにかく鮮度良く、さすが寿司屋さん。
 嫁たぬきは「青み魚の造り三種盛り」を注文しました。
160810_2
(写真手前から時計回りに)「サバ」「アジ」「ハマチ」です。ハマチが青み魚に入るかどうかは、まあ、ご愛敬ということでいいじゃないですか(笑) これも鮮度バッチリです。嫁たぬきは「サバが特に美味」と喜んでおります。
 これも嫁たぬきリクエスト「スリのニンニク炒め」。
160810_3
ね、完全に居酒屋状態でしょ?(笑) ニンニクと醤油のコゲが香ばしい。
 おっちゃんは大好きなハマチを握りで。
160810_4
う~ん、いいですねぇ。夏のハマチは臭みがあることも多いですが、そんなことはありません。
 で、仕上げはお決まりの…
160810_5
「鉄火巻」。海苔が香ばしくて普通に旨い。嫁たぬきが「帰りは特急に乗りたい」そうで、発車時間が迫ってきましたから、続きは車内で缶ビールを飲むとして、このへんにしておきましょう。お値段は「手頃なお値段の寿司屋さん」っちゅう感じでした。地元の人の酒場と化しているところが何ともいいですねぇ。
 で、みーちゃんて誰なのか聞くのをスッカリ忘れていました。後日、近くのお店で聞いたところでは「創業者のおじいちゃんがみーちゃんだったんと違うかな」とかいう話でした。今度行ったらちゃんと聞いてみないといけません。

|

« ホンマの白肝 | トップページ | 山里の旨い寿司 »

居酒屋日記(気まぐれ更新)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2077515/67611288

この記事へのトラックバック一覧です: みーちゃんて誰?:

« ホンマの白肝 | トップページ | 山里の旨い寿司 »