« 夏の中華 | トップページ | えびもろこし »

2016年9月11日 (日)

嫁の居ぬ間に鶏飯

 7月19日(火) 酉壱(最寄駅:京阪電鉄交野線・郡津)
 嫁たぬきが実家にお泊りなので、おっちゃんはお馴染みの「酉壱」さんで晩御飯。この前から売り切れ続きで「鶏飯」に縁がない嫁たぬきを、この機会に出し抜いて悔しがらせてやろうなどと、ちょっと意地の悪いことも考えていたりします。
160719
今日は「ココロ」からいきましょう。余計な血生臭さなし、丁寧なお仕事です。焼き加減もプリプリ。
 基本の「肉串」。
160719_2
おっ! 今日はネギ入りが2本で来ましたよ。この辛口のタレにネギの辛味がピリリと加わって、一層ビールが進みます。
 おっちゃん的このお店のナンバーワンメニュー「つくね」は必須です。
160719_3
レンコンの甘味と辛口のタレの相性がいいんですよねぇ。ちょびっとカレー風味のタネのポテっ!としたコクも、辛口のタレでしつこく感じないんですよ。完全にビールのアテですね。オーソドックスな串付けしたつくねをご所望の方は「つくね棒」とご注文ください(笑)
 香ばしさとパリパリがうれしい「軟骨」。
160719_4
もう、ビール飲むしかないです(^^)
 で、嫁たぬきを羨ましがらせることはできるのか…
160719_5
今日はありましたよ。「鶏飯」。早速、嫁たぬきに「(^^)v」を付けて写メしてやったぜ(笑) ホクホクの鶏飯は、鶏さんの旨みタップリ。付いている味噌汁が何てことないんですが、これがまた旨いんだな。
 あまり食べないんですが、今日は何だか「胸肉」な気分だったので。
160719_7
おぉ~、胸肉にもネギ入りがあるんや。うまいこと肉だけとネギ入りが1本ずつきましたね。これは、絶対に焼けたてのアツアツをハフハフいいながら食べないといけません…とおっちゃんは思っています。冷めるとパサパサしますからね。淡白な胸肉のホクホク感がいいですねぇ。焼き加減がちょうどなんでしょうね。
 で、仕上げはいつもの「皮」。
160719_6
パシパシのジュワっ! ビールがグイっ!とカラになりました。

|

« 夏の中華 | トップページ | えびもろこし »

居酒屋日記(気まぐれ更新)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2077515/67447307

この記事へのトラックバック一覧です: 嫁の居ぬ間に鶏飯:

« 夏の中華 | トップページ | えびもろこし »