« 給料日のうざく | トップページ | 姐さんのローストビーフ »

2016年10月10日 (月)

交差点の向こう側

 9月24日(土) 大鳥 枚方店(最寄駅:京阪バス・西四辻)
 よく行くカラオケ喫茶の近くの大きな交差点を渡って少し行くと「大鳥 枚方店」さんがあります。一緒に行ったつもりになっていたら、嫁たぬきが「大鳥さんは、いつ連れて行ってくれるん?」と言うじゃないですか。
 「そういや行ってなかったか」ということで、土曜日の定番行事「お歌のお稽古」の前に腹ごしらえです。
160924
「ココロ」(写真左2本)と「セセリ」(写真右4本)です。プリっ!と程よい焼き上がり。タレはやや甘の優しい味で濃すぎず、小さな子供連れのお客さんが多いのもうなずけます。
 おっちゃんは生大でこんなアテ。
160924_2
「鶏皮チップ」。カラっ!と揚がってパリパリ、サクサクと旨い。やっぱり皮チップはこうでなきゃ。
 がっつり食べる嫁たぬきリクエスト「ピーマンの肉詰め」。
160924_3
ピーマン2個分、4切れですから、食べ応えがあります。さすが嫁たぬき(笑)
 おっちゃんは大好きな「玉ひも」。
160924_4
わりにどこのお店にもある部位ですが、下処理がいい加減だったり鮮度が悪いと臭みが出て旨くないので、「ここのは大丈夫」と思っているお店でしか頼みません。ここのやや甘のタレが焼く時に煮詰まった感じと、キンカン(黄身)の甘さが相性いいんですよ。
 野菜大好きの嫁たぬきは…
160924_5
「山芋の塩焼き」。何てことないんですが、山芋のホクホク感が増して旨いんですよねぇ。ここのはカツオブシとタレがかかっていますが、山芋を分厚く切って塩味だけでじっくりと焼き上げるお店もありますね。おっちゃんはどちらも好きです。山芋って、シンプルに短冊から始まって、仕上げのトロロ汁まで、何かとええアテになります。
 で、後はお腹が膨れるまで次々と…
160924_6
「軟骨」。コリコリ、パリパリとビールのアテですなぁ。
160924_7
当然、ビールは2杯目に突入し、「ピリ辛ウインナー」、チョリソーです。ここのはなかなかシッカリ辛い。頭のてっぺんから汗が吹き出します。
160924_8
優しい味のタレがよく合う、ふんわり焼かれた「つくね」。
160924_9
そして、仕上げの「皮」。焼目香ばしくジュワっ!と旨味と脂が。あ~、食った食った。さあ、腹ごなしにお歌のお稽古に行こっと(^^)

|

« 給料日のうざく | トップページ | 姐さんのローストビーフ »

居酒屋日記(気まぐれ更新)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2077515/67894773

この記事へのトラックバック一覧です: 交差点の向こう側:

« 給料日のうざく | トップページ | 姐さんのローストビーフ »