« 究極のチョイ飲み | トップページ | 給料日のうざく »

2016年10月10日 (月)

コロッケ夏バージョン

 9月20日(火) なるとや(最寄駅:JR大阪環状線・玉造)
 お馴染み「なるとや」さんに久々に寄りました。今日も四代目の姐さんは明るく賑やかに営業中です(^^)
 付き出しにこんなのが出ました。
160921_4
細かく刻んだ野菜と昆布の酢の物風ですが、これは山形県の郷土料理「だし」ですかねぇ。姐さんは最近、いろんなアテを研究したはりますなぁ。酢加減も嫌味がなく、サッパリして旨い。
 厨房が忙しいみたいなんで、早く出そうなおばんざい系のアテを。
160921_5
「マグロの時雨煮」です。ここは生マグロを使ったはりますから、煮ても変に身が締まったりせず、ふんわり柔らか。
160921_6
「鶏背肝煮」。何だか似たような絵になってしまいました(^^;) 玉ひも煮はよくありますが、背肝煮は初めてですねぇ。余計なクセが出ないよう、スパイスを効かせたはります。最近、姐さんはスパイスをうまく使ったはりますので、クセのある材料を使ってもクセや嫌味がなくアクセントが効いていて、改装前より格段に洗練度が増したように思います。
 で、おっちゃん的「ここに来たらこれを頼まないと」の「コロッケ」。
160921_7
相変わらずのデカさ。でも、中味は…
160921_8
カレー味になってるじゃないですか(切り口が綺麗じゃなくてすみません)。「夏はカレー味がウケるかなと思てやってみてん」と姐さん。なるほど、夏バージョンですか。いろんなことを考えはりますなぁ。玉子タップリのカレーコロッケ、タネは少しトロトロ感があってスパイシー。こりゃ確かにビールをそそりますね。「もうちょっと涼しなったら(普通バージョンに)戻そと思てた」らしいので、ちょうど食べられてよかったです。
 しばらく来ない間にこんなのもメニューに加わってますよ。
160921_9
「エビパン」。エビさんのすり身だけじゃなく、小さなムキエビが1尾載ってプリプリのサクサク。自家製タルタルソースが旨い。洗練度が増しても、やっぱりこういう庶民的なアテがなるとやさんらしくて、おっちゃんは好きですね。

|

« 究極のチョイ飲み | トップページ | 給料日のうざく »

居酒屋日記(気まぐれ更新)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2077515/67894101

この記事へのトラックバック一覧です: コロッケ夏バージョン:

« 究極のチョイ飲み | トップページ | 給料日のうざく »