« 素敵な小窓 | トップページ | 炙りチーズ »

2016年11月13日 (日)

日本一のうなぎ

 10月9日(日) かねよ(最寄駅:京阪電鉄京津線・大谷)
 昨夜から早朝にかけて、随分と雨が降りましたが、さすがお狸様の神通力。巡行が始まる午前9時には雨もすっかり上がりました。 巡行をどこで見るかは、人それぞれ好みが分かれるところでしょうが、カラクリを披露する「所望」の場所に早めに陣取って、山から撒かれる粽と手ぬぐいのゲットを狙うのは、みな同じでしょう。
 ということで、粽ゲット活動がしやすそうな場所でスタンバイ。
161009
お囃子が少しずつ近くなってきて…おっ! 来ましたよ。くじ取らずの狸山が巡行の先頭を切って辻を曲がって来ます。

  露払いぴよろぴよろと狸山  櫻守

ってな雰囲気です。
161009_2
西行法師が桜の木の精と対話する様子を表したカラクリの披露が終わると、さあ、粽争奪戦の始まりです。宵宮でお土産用は買いましたが、巡行で撒かれた粽をうまくゲットできれば、これぞ本当の縁起物です。山がゆっくりと動き出すと、沿道の二階の見物客目がけて粽と手ぬぐいが乱舞します。群衆が殺到すると危険なので、あまり下には撒かないんですが、何と! おっちゃんの真上に粽が落ちてきたではありませんか! 見事ゲ~ット!!(^^)v これから1年、きっといいことがありますように。今回は狸山を含め、3基の粽をゲットしました。
 さて、いよいよ巡行のおっちゃん的クライマックス、京阪電車との並走です。曳山が巡行する有名なお祭は数あれど、路面電車と山車が並走するのは、おそらくここだけでしょう。
161009_3
狸山が電車路に出て来ましたよ。屋根のお狸様は、電車の架線より高いところにいらっしゃいますね。辻回しでは、屋根が架線や信号機スレスレに曲がっていくので、迫力があります。
 次々と山が電車路に出てきます。おっ! 警笛を鳴らしながら電車がやって来ました。いつも以上にゆっくりとした速度で、巡行の列のすぐ横を通り過ぎて行きます。
161009_4
161009_5

  電車路山車を招くや秋扇  櫻守

結局、ここで13基すべてが通り過ぎるまで見物してしまいました(^^) 見物していると、お友達の「大津っこ」さんから「今年も来てるの? ご飯食べに行く?」と、嫁たぬきのケータイにメールが来ました。おぉ、もう昼ですな。すっかり忘れてましたよ。
 沿道のうどん屋さんでご飯を食べた後、前から一度行ってみたかった「かねよ」さんにも寄ってみることにしました。何が気になるって、「日本一のうなぎ」て書いてある看板を京津線の車窓からしょっちゅう見てるんですから、やっぱり寄ってみなしゃあないでしょ?(笑)
161009_6
嫁たぬきチョイス「鯉の造り」。大津では、お祭の時のご馳走の一つだそうです。酢味噌でサッパリと。
161009_7
おっちゃんはもちろん「蒲焼き」。う~ん、ふっくらと香ばしく、タレのコクがたまりません。よく脂がノってますが、コテコテではありません。いいですなぁ。ビールも酒もいただきまして、お祭気分全開でありました。

|

« 素敵な小窓 | トップページ | 炙りチーズ »

居酒屋日記(気まぐれ更新)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2077515/68407751

この記事へのトラックバック一覧です: 日本一のうなぎ:

« 素敵な小窓 | トップページ | 炙りチーズ »