« ばぁちゃんのばあ | トップページ | 激うまトンポーロー »

2017年1月 3日 (火)

ちゃんとウナギ

 11月4日(金) 舟屋(最寄駅:JR大阪環状線・寺田町)
 寺田町は天王寺の1つ前の地味な駅ですが、歴史は古く、最近、改装中にホームの壁から昔の駅票が発見され話題になったりしました。おっちゃん的には、焼鳥激戦区というイメージですが、実は、ウナギの名店があるんですよねぇ。
 ウナギ好きという職場の若手と「たまには、ちゃんとしたウナギ食べよか」ということで、駅前の「舟屋」さんにやって来ました。
161104
 もちろん、注文を受けてから焼かはりますので、とりあえずのアテに「うな肝」を。そりゃ、もう、これだけでその辺の居酒屋のうな肝とは雲泥の差。当たり前ですよね、専門店ですから。
 で、待望のウナギが焼けてきました。
161104_2
特にグレードは指定しませんでしたが、多分、並だと思います。タレ焼きなのに、ワサビを添えてあることからも、脂ギトギトのプニプニでないことは容易に想像できます。ふっくらと焼かれ、皮はサクっ!と箸で切れます。タレは濃すぎず薄すぎず、ワサビの風味で身の香ばしさが際立ちます。脂の甘さが上品。そりゃ、スーパーのウナギよりはるかに高いですが、そないに目ぇが飛び出るほどではありません。やっぱり、たまにはこういうちゃんとしたお店で食べたいですよねぇ。
161104_3
当然、日本酒にせなしゃあないでしょ。「春鹿」を冷やでもらいました。辛口キリリでウナギが一層ホクホク。
 「やっぱり、たまにはちゃんとホンモノを食べとかなあかんなぁ」と言いながら、次の店へと急ぐおっちゃんたちでありました。

|

« ばぁちゃんのばあ | トップページ | 激うまトンポーロー »

居酒屋日記(気まぐれ更新)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2077515/69098606

この記事へのトラックバック一覧です: ちゃんとウナギ:

« ばぁちゃんのばあ | トップページ | 激うまトンポーロー »