« 定番メニュー | トップページ | モモ焼き »

2017年1月25日 (水)

阪和商店街

 12月28日(水) しば幸(最寄駅:JR大阪環状線・天王寺)
 仕事納めを終えたおっちゃんは、天王寺の阪和商店街へ。天王寺駅の北側にある阪和商店街は、南側のあべのハルカスやキューズモールの近代的再開発エリアとは対照的に、昭和世代のおっちゃんにはホっ!とする懐かしさやアヤシサに満ちた街です。阪和商店街で飲んだことはあまりなかったんですが、入り口の置き行灯に誘われ、直感的に「しば幸」さんへ。
 予想通り、シブいお店です。カウンター10席と小上がり1席ほどの小ぢんまりした空間も程よい広さです。おっちゃんの今日の目的はもちろん忘年会。といっても、一人忘年会ではありません。元同僚会と呼んで毎年続けている年末恒例の宴であります。
 まず、頼んだアテは…
161228
「スジ肉の赤ワイン煮」です。
161228_2
もちろん、というかやっぱりというか、ちゃんとバゲットが付いているじゃないですか。
 お店は今日が年内最終営業ということで、品ぞろえは少なめですが、それでもこんなアテもちゃんとあるところが、いかにも天王寺らしい。
161228_3
「クジラの造り」。天王寺は阪和線の拠点。古くからクジラの産地、和歌山への玄関口ですもんね。ちゃんとホンモノのバランが敷いてあるじゃないですか。
 懐かしい話や、お互いの今の仕事の話なんかを肴にビールが進みます、と思ったら、生ビールが品切れ。明日からお休みですもんね。じゃあ、日本酒にしましょう。
161228_4
お願いしたのは、「東洋美人」(澄川酒造場、 山口県萩市)の大吟醸「地帆紅」(じぱんぐ)。奥行きのある酒ですが、飲み口はスッキリ。こりゃ、旨い。
 アテを次々と。
161228_5
定番の「ポテトサラダ」。これも、ちょうどこれで売り切れでした。
161228_6
おっちゃんの大好きな「ショウガ天」。厚切りの紅ショウガが薄衣をまとって揚がっています。いかにも体に悪そうな紅ショウガの塩辛さ、これで酒が進むんですよ。
161228_7
定番の「ダシ巻き」。余計なコゲのない美しい焼き上がり。黄身が濃厚なのが、よくわかります。醤油をチョン!と。酒が進みますなぁ。チェイサー代わりに瓶ビールを横に置きながら(笑)
 こんなアテもありますよ。
161228_8
「トマトと茄子のピザ」。何てことないんですが、トマトと茄子のフレッシュ感がいい。これはビールのアテですね。
 日本酒のアテには…
161228_9
「ジャコおろし」。キメ細かないいジャコ。おろしの辛味も適度にあって、酒が進みますなぁ。
 と、飲むほどに夜は更けて、もう1軒行こうと思っていたのに、それどころじゃない時間になってきました。いや~、楽しかったですねぇ。次の元同僚会も、ここで新年会ですね。

|

« 定番メニュー | トップページ | モモ焼き »

居酒屋日記(気まぐれ更新)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2077515/69365470

この記事へのトラックバック一覧です: 阪和商店街:

« 定番メニュー | トップページ | モモ焼き »