« 雪菜ビーフン | トップページ | 締めは焼きおにで »

2017年2月 8日 (水)

プチ溶岩焼き

 1月9日(月) 温(最寄駅:近鉄奈良線・生駒)
 嫁たぬきと軽く奈良散歩です。宝山寺にお参りし、お腹がすいたので、駅前ビルの「温」さんへ。「溶岩焼」なんて書いてあるじゃないですか。一人や二人でもできるんでしょうかねぇ。
 季節のお魚も自慢のようなので、まずお造りを。この季節、おっちゃんが大好きな魚といえば…
170109
やっぱり「ブリ」ですよ。脂ノリノリです。盛り付けが綺麗です。
 溶岩焼は、溶岩プレートはソロ用からあるそうなので、二人なら余裕じゃないですか。それでは、プチプチと焼いてみましょうか。
170109_2
鶏さんにしてみました。写真左が「セセリ」、右が「阿波地鶏のモモ」です。
170109_3
プチプチと焼けていきます。溶岩からは遠赤外線が出るのでおいしく焼けるそうです。余分な脂が落ちますので、ヘルシーですし。自分のペースで焼いて、ボチボチとつまめるのもいいですね。
170109_4
好きな銘柄がチョイスできる、日本酒の「飲み比べセット」もいただいて、ご機嫌でありました。

|

« 雪菜ビーフン | トップページ | 締めは焼きおにで »

居酒屋日記(気まぐれ更新)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2077515/69527226

この記事へのトラックバック一覧です: プチ溶岩焼き:

« 雪菜ビーフン | トップページ | 締めは焼きおにで »