« プチ溶岩焼き | トップページ | 普通にアジフライ »

2017年2月 8日 (水)

締めは焼きおにで

 1月11日(水) 飛騨(最寄駅:京阪電鉄・枚方市)
 「晩御飯、食べに行こうか?」と言ったら、嫁たぬきが「お魚が食べたい」というので、お手軽な「飛騨」さんに。
170111
付き出しに何やらナゾのお料理。「アン肝の炊いたん」だそうです。お馴染みのアン肝に軽く粉を打ってサっ!と揚げ、甘辛く炊いてあります。こりゃ、ちょいとした珍味ですなぁ。最初から日本酒にすればよかった。日本酒飲むまで取っておきましょう(^^)
 おねーさんが「今日はサバのいいのが入ってますよ~」なんて言ったはります。「サヴァ?」(元気?)…って、関係なかったですね。
170111_2
ほんに、見事なサバであります。脂ノリノリ。ブリをもっと濃厚にして香ばしくしたような、とても奥深い脂のコク、そして青魚特有の香ばしさ。
 おっちゃんリクエスト。
170111_3
「うざく」です。もう、さっさと日本酒に行くつもり満々です。
 調子に乗って「うまき」まで頼んでしまいました。
170111_4
ウナギがちょっと残念なお知らせですが、そこは値段が安いので、ご愛敬ということで。
 嫁たぬきは「天ぷらの盛り合わせ」に喜んだはります。
170111_5
 おっちゃんは、日本酒に合うアテを攻めます。
170111_6
ご存じ「ゲソの塩焼き」。ゲソはやっぱり偉いですね、安いのに見事に旨い日本酒アテ。
 締めにビールを頼んだら、やっぱりたべたくなる冬の定番のコレ。
170111_7
はい、ご想像通り「カキフライ」です。
 がっつり食べる嫁たぬきは、ご飯を食べないと収まらないようで…
170111_8
締めに「焼きおにぎり」を頼んで、おっちゃんと1個ずつしました。菜飯の焼きおにですね、こりゃ旨い。今夜もがっつりのバカ夫婦でした。

|

« プチ溶岩焼き | トップページ | 普通にアジフライ »

居酒屋日記(気まぐれ更新)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2077515/69527418

この記事へのトラックバック一覧です: 締めは焼きおにで:

« プチ溶岩焼き | トップページ | 普通にアジフライ »