« これで春がきました | トップページ | 満腹肉吸い »

2017年7月 2日 (日)

揚げ出しジーマミ豆腐

 4月29日(土) 海月(最寄駅:京阪電鉄京津線・京阪山科)
 ヒマだったので、嫁たぬきのお歌のお稽古に付いて行きました。帰りに一緒にプシュっ!とやって帰るためです。
 どこに行きたかったかというと、山科の「海月」さん。で、何が食べたかったかというと…
170429
「揚げ出しジーマミ豆腐」。前に行った時に、無料サービス券をもらってたんですよねぇ(^^)
 アップにすると、こんな感じ。
170429_2
普通の揚げ出し豆腐と写真だとそんなに変わらん(^^; 黒いのは揉み海苔、茶色いのは花カツオ、そしネギもかかってますね。ダシは普通の揚げ出し豆腐と同じようなダシ。でも、フワトロのジーマミに片栗粉を付けて揚げるのって、結構手間で難しいと思いますね。ほんのり甘い風味のジーマミが、より一層トロトロな感じ。こりゃ、ちょっと面白いアテですね。ビールはもちろん「オリオン」の生です。
 ここのお店では、「海ブドウ」を自家栽培したはるんですよ。沖縄の清らかな海でないと育たないと勝手に思ってましたが、水槽でも“養殖”できるんですね。
170429_3
だから、新鮮な海ブドウを生でいただけるんです。シークワーサーを使った自家製塩ポン酢が絶妙。
 もちろん、泡盛ももらって…
170429_4
アテは「スーチカ」。沖縄風の塩豚ですね。レッドペッパーや、添えられたサンバル風な香辛料が旨い。
 嫁たぬきリクエスト「京野菜と麩のチャンプルー」。
170429_5
茄子は賀茂茄子ですね。あと地野菜をいろいろ。そして、生麩が入っています。肉はやっぱりスパムじゃないといけませんよねぇ。
 おっちゃんの泡盛のアテ「ゴーヤとクリームチーズのアンダンスー和え」。
170429_6
彩に針唐辛子があしらってあります。沖縄風の肉味噌、アンダンスーでクリームチーズとスライスしたゴーヤを和えただけのシンプルなアテですが、「これで泡盛を飲まずして何を飲むかっ!」というくらい、泡盛との相性が抜群です。
 肉味噌のペタっ!とした甘さと脂、クリームチーズの濃厚なコクが、アルコール度数の高い泡盛でシャキっ!と切れて、ゴーヤの苦みが妙に後を引く。調子に乗って泡盛をおかわりしようとして、嫁たぬきに「きぃ~っ!」と怒られたことは言うまでもありません。

|

« これで春がきました | トップページ | 満腹肉吸い »

居酒屋日記(気まぐれ更新)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2077515/71026106

この記事へのトラックバック一覧です: 揚げ出しジーマミ豆腐:

« これで春がきました | トップページ | 満腹肉吸い »