« 深すぎる余韻 | トップページ | 鶏バル »

2017年8月17日 (木)

隠れた老舗

 6月17日(土) 与太呂(最寄駅:近鉄奈良線・新大宮)
 酒場を探して街を歩いていると、時々踊り出したくなるほどうれしいことがあります。それは、住宅街の中に、ポツンとたたずむこんなお店を見つけた時。
170617
もう、見るからに、いかにも老舗な雰囲気。そこはかとなく哀愁を帯びた、それでいてどことなくちょっと怪しげな、こういう雰囲気にめっぽう弱いおっちゃんです。そら、もう、入ってみなしゃあないです。
 で、入ってみると…
170617_2
丁寧に手入れされ、美しく齢を重ねた品の良い内装、使い込まれたカウンターやネタケース、お品書きの黒板。それでいて…
170617_3
箸置きがちょっと遊んでいたり。「キャ~、豚よブタさんよ~」(^皿^)
 で、メニューのサラダ系が妙に充実していたりするので、「ツナポテトサラダ」を注文すると…
170617_4
丁寧なお仕事のポテサラ。そして、盛り付けがちょっとおしゃれだったり。
 和なアテはどうでしょうか。
170617_5
「うざく」です。まあ、確かめるまでもないかとも思ったんですけどね。果たして予想通り、これまた、お酢が丁寧なお仕事です。地味にいいウナギを使ったはったり、刻みミョウガがうれしかったり。う~ん、冷や酒が旨いですなぁ。
 おっちゃんの大好きな鶏アテ。
170617_6
「玉ヒモ煮」。薄味の上品なダシを、全然濁らせることなくきれいに炊いたはります。玉ヒモの下処理がすごく丁寧で、ヒモに余計な臭みやヌメリはなく、サクっ! プリっ!とした小気味良い食感。キンカン(玉)のほうは、煮過ぎずホクホク。天盛りされた針ショウガで、長年鍛えた包丁の冴えがよくわかります。
 聞けば、創業30年以上の老舗。「さもありなん」なお仕事です。実は、こうしてブログに公開しようかどうか、迷ったんです。 もし、おっちゃんが、テレビや雑誌で売れっ子のグルメ評論家のセンセイだったとしたら、いわゆる「教えてたまるか」ってお店ですね。

|

« 深すぎる余韻 | トップページ | 鶏バル »

居酒屋日記(気まぐれ更新)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2077515/71446440

この記事へのトラックバック一覧です: 隠れた老舗:

« 深すぎる余韻 | トップページ | 鶏バル »