« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

2017年9月24日 (日)

福島の夜は薫る

 7月27日(木) TRIUMPH(最寄駅:JR東西線・新福島)
 ちょうどお仕事が福島で終わるので、福島で飲んだことがないという嫁たぬきを“召喚”しました。おっちゃんも福島界隈は詳しくないので、駅近くの路地をちょいと探索。燻製のいい香りにさそわれ、「TRIUMPH」さんに入ってみました。
 もう、そりゃ、ご想像通りのいわゆる燻製バー。酒飲まなしゃあないってヤツですよね。
170727
まず「盛り合わせ」を。鴨や鶏手羽の燻製や、自家製ロースハムなんかの盛り合わせ。ピクルスが添えてあるのがうれしいですね。口の中に残った薫香がスッキリと切れて、心地よく次にいくことができます。さすが、燻製のプロ。
 おっちゃんも作ったことがある「豆腐の燻製」。
170727_2
もはや見た目はチーズみたいになってますね。じんわりとええ具合に薫香が全体に浸みています。おっちゃんも何度か作りましたが、どうしても外側だけが煙り苦くなってしまうんですよねぇ。ムチっ!とした熟成感のある食感もなかなかよろしいです。
 チーズは普通に燻しますが、カマンベールはやったことなかったです。
170727_3
ドライフルーツとハチミツを添えた「カマンベールチーズの燻製」。粗びきの黒コショウがアクセントです。家庭用の簡易燻製器だと、どうしても温度が上がり気味になるので、溶けやすいカマンベールを燻すのは、なかなか難しそうです。薫香とハチミツの取り合わせが絶妙です。
 近くにも、おもしろそうな個性的なお店がたくさん並んでいます。嫁たぬきが「酒場大好きなアンタが何で福島に手ぇださへんか、よくわかったわ」というので、「そやろ、下手に手ぇ出してハマったら、絶対抜けられへんやろ?」と、わけのわからん会話をしながら家路についたバカ夫婦でありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月18日 (月)

ちょっと高槻まで

 7月22日(土) 丹波路(最寄駅:JR京都線・高槻)
 親友の「洗濯部長」さんから「今夜一杯どう?」とラインが来ました。そんなん、行くに決まってるじゃないですか。京都のマンションに近いところがいいというので、嫁たぬきと一緒にちょっと高槻まで足を延ばして「丹波路」さんにご案内しました。
 おっちゃんが焼鳥にハメたため、最近すっかり鶏フェチになってしまった洗濯部長さんは、おっちゃんと飲みに行く度に「旨い焼鳥屋!」というので、ちょっとネタ切れぎみになっていたんですが、「丹波路」さんに行っていなかったことを思い出しました。
 そりゃ、もう、「生肝」があったら、もちろんいっとかないとあきません。
170722
う~ん、今日もエエ肝です。プリプリのトロトロ。
 「タタキ」もいきましょう。
170722_2
皮ハダのコゲがたまらん。塩でいっても旨い。
 おっちゃんの大好きな「皮ポン酢」。
170722_3
湯引きたてのプリプリ。皮際の身がこれまた旨い。
 さてと、焼きを…
170722_4
プリプリの「セセリ」は塩で。
170722_5
「ココロ」も塩にしましょう。脂が甘い。
170722_6
「ネギ身」。濃すぎないニュートラルなタレが、鶏の甘さ、ネギの甘さとピリ辛を引き立てます。
170722_7
「玉ヒモ」。このボリューム感がたまらん。もちろん鮮度バッチリ、生臭さナシ。
170722_8
洗濯部長さんの大好きな「軟骨」。コリコリのプリプリ。
170722_9
おっちゃんリクエスト「唐揚げ」。無性に食べたかったんですよ。ガオ~♪(^皿^)
 仕上げは…
170722_10
「皮」と…
170722_11
ガッツリ食べる嫁たぬき必須の飯は「焼きおにぎり」。丁寧に焼いた香ばしさがたまらん。
 3人とも満腹で、洗濯部長さんはJRで、おっちゃんと嫁たぬきはバスで「次の焼鳥屋はどこにしようか?」と考えながら家路についたのでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パナンテ再び

 7月14日(金) うみさち(最寄駅:京阪電鉄・天満橋)
 この前、リニューアルした天満橋駅の飲食街「パナンテ」に行こうとして、うっかり七夕であることを忘れていて、満席でどこも入れなかったので、嫁たぬきとリベンジに。
 お魚が食べたかったので、大きなカウンターがエエ感じの「うみさち」さんに入ってみましょう。
170714
とりあえず「ポテトサラダ」。フライドオニオンが撒いてありますね。玉子タップリなタイプです。
 お魚はやっぱりお造りで。
170714_2
(写真左から)「ヒラメ」「マグロ」「カンパチ」です。鮮度はバッチリ。マグロの赤身が旨い。
170714_3
嫁たぬきリクエスト「串カツ盛り合わせ」。(写真左から)「エビ」「豚」「茄子」です。エビさんプリプリで喜んでおります。
 野菜を食べようということで…
170714_4
「グリーンアスパラのフライ」。柔らかくて甘い、いいアスパラです。粗塩をチョン!
 いかにも酒のアテなこんなのも。
170714_5
「酒盗クリームチーズ」。酒飲まなしゃあないですが、ハイボールにしました(笑)
 小腹がすいたので…
170714_6
「煮穴子」を握りで。そして、締めはお決まりの…
170714_7
そうです「鉄火巻」。寿司もちょっとつまめる居酒屋って、いいですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高架下のバー

 7月10日(月) 北海(最寄駅:阪急電鉄・梅田)
 お仕事が梅田で終わったので、まだ時間も早いし、ちょっと一杯やって帰ります。
170710
新梅田食道街の「北海」さんは、ニッカウヰスキーがメインのスタンディングバー。足元が何やらフカフカ心地よい感触だと思ったら、ウッドチップの上に積もった付き出しの殻つき落花生の殻じゃないですか。何とも独特の雰囲気です。
 「ブラックニッカ」をロックでもらって、アテはシンプルに「クラッカー」。こういうお店では、こんなふうにチャっ!と飲んで、シュっ!と帰るのが恰好いいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オフィスビルの焼鳥

 7月7日(金) 鳥友(最寄駅:京阪電鉄・天満橋)
 週末なんで嫁たぬきと新装成った天満橋の「パナンテ」で晩御飯を食べて帰ろうと思ったんですが、まだオープンしたばかりなのと、今日は大川で七夕のイベントがあるのとで、どのお店も満席。「OMMビルの地下なら、どこか入れるだろう」と、前から気になっていた「鳥友」さんをのぞくと、席が空いてますねぇ。
 それでは早速…
170707
「セセリ」から。プリプリしたエエ鶏さんです。タレはニュートラルでやや薄め。
 「タタキ」もできました。
170707_2
これもいいですねぇ。よくコゲたところなんか、塩で食べるとビールにバッチリです。
170707_3
定番の「ネギ身」も、丁寧にミチっ!と串を打ってあります。ネギ止めに打った小肉もプリプリです。
 仕上げの皮を、今日は「皮せんべい」にしてみました。
170707_4
パリパリのサクサク。これでビールがグイっ!とカラになります。特段変わったメニューがあるとか見栄えを意識した派手なお仕事ではありませんが、鮮度の良い鶏に丁寧ないいお仕事。いつも満員な理由がよくわかりました。こりゃ、仕事帰りにちょっと寄って、チャっ!と飲んでサっ!と帰りたくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月17日 (日)

リニア・鉄道館に行ってみた

 京都の鉄道博物館は何度か行ったので、先日、嫁たぬきと名古屋のリニア・鉄道館に行ってみました。
170701
近代的な建物ですねぇ。エントランスには…
170701_2
おぉ~、C62形の17号機じゃないですか。狭軌の蒸気機関車の最高速度記録保持車ですね。リニアや新幹線の前に、誇らしく鎮座したはります。日本の高速鉄道のパイオニアということですね。
 さらに進むと、新幹線の歴史がよくわかる展示ホールがありました。
170701_3
歴代の新幹線車両が勢ぞろい。でも、昭和なおっちゃんは、こっちのほうが気になる。
170701_4
これ、見てみたかったんですよ。いわゆる流電、モハ52004形 。ちなみに、001号機は、大阪のJR西日本吹田総合車両所に保存されているそうです。
170701_5
車内は綺麗にレストアされています。
 おっちゃんの大好きなEF58形もありますよ。
170701_6
いつ見てもゴハチはいいですねぇ、この形。おっちゃん的には青とクリームのツートンカラーで、運転席の窓が大きいタイプが好きですけど。
 嫁たぬきは、100系新幹線の運転席に乗って喜んでおります。
170701_7
一方、おっちゃんが食いついたのは…
170701_8
食堂車(^^) これは0系の食堂車。う~ん、懐かしい。
170701_9
当時のメニューが食品サンプルで再現されています。「ビーフシチューセット」ですね。
170701_10
「カレーライス」(写真左)と「ミートスパゲティ」(写真右)。当時は、食堂車のメニューなんて高くてなかなか食べられなかったですからね。
 100系の食堂車もありますよ。
170701_11
こちらにも当時のメニューが再現されています。洋食の「モーニングセット」です。これは食べたことがありますよ。このほか、「ソーセージの盛り合わせ」とか「チーズの盛り合わせ」も食べたことがあります。そして、もちろんビールも、しょっちゅう飲んでました(^^) 2階なので見晴らしがよく、気持ちよかったですね。
 リニアなど近代的な車両に目が行きがちですが、食堂車のこのような展示は他の鉄道博物館にはなく、地味にここの特徴の一つですね。今流行の豪華クルーズトレインではなく、もう一度食堂車のある寝台列車で長旅をしてみたいなぁと思ったおっちゃんでした。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »