桜の話

2016年4月23日 (土)

しだれ桜の花吹雪

 先日、恒例の「櫻の旅」の時に行けなかった西岸寺(京都府和束町)のしだれ桜を見てきました。
160409
花の盛りは過ぎていますが、ことしも見事です。
160409_2
写真ではわかりにくいですが、木の下に立つと、見事な花吹雪。見上げると舞い散る花と満開の枝越しに青空。何と美しい光景でしょう。
 吉田兼好は「花は盛りに、月はくまなきをのみ見るものかは」(花は満開の時だけ、月は一点の曇りもない時だけを見るのがよいのだろうか、いや、そうではない)と言いました。また、「咲きぬべきほどの梢」(まさに咲こうとしている頃の梢)こそ見どころが多いものだ、とも言いました。
 後に本居宣長は「ひねくれ者の間違った考え方だ」と批判しましたが、桜に限っていうと、おっちゃんは兼好の気持ちがものすごくよくわかります。おっちゃんも、ひねくれ者ですから。
 帰り道、宇治田原町の山では、ヤマザクラがそろそろ見頃を迎えていました。
160409_3

  駅弁を そろそろ開く 山桜    一路

この季節になると、毎年思い出す、亡き叔父の大好きな句です。のんびりと、あてもなく、ふらりと旅に出たくなる季節ですね。櫻の国に生まれてよかったと思う瞬間です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月10日 (日)

造幣局の夜桜

 造幣局の通り抜けが始まりましたね。今年は嫁たぬきと休みが合わず、昼間に行くことができないので、夜桜にしました。
 おっちゃんは、自分の好きな品種を見ることができれば、それで十分です。
160408
「鬱金」です。ぼちぼち咲いてます。夜だと、一層地味ですが神秘的。
 やっぱり夜だと写真は難しいですねぇ。
160408_2
「御衣黄」です。まだつぼみが多いですね。開くにしたがって、少しずつ色が変わっていくので綺麗なんですが、見ごろはあと2日ほど後でしょうか。
160408_3
「笹部桜」です。うつむき加減に開き始めた花が妖艶ですねぇ。
 あとは風情を楽しむとしましょうか。
160408_4
銀橋(桜ノ宮橋)から見た造幣局。大川沿いの公園に“お花見屋台村”が出現しています。おっちゃんたちは、お腹もすきましたので、雑踏を避けて静かなところで「ちょっと旨いもので一杯やれないか」と、京橋のほうに向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 8日 (金)

2016年櫻の旅

 先日、嫁たぬきと恒例の櫻の旅に行ってきました。
160405
おっちゃんの大好きな「清水(しょうず)の桜」(滋賀県高島市マキノ町)。今年も見事に咲きました。
160405_2
花付きもいいみたいですね。本当に満開です。いい天気だったので、アズマヒガンの少し濃いめのピンクが青空に映えて美しい。
 ついでに「海津大崎の千本桜」を通り抜け。
160405_3
桜並木の向こうに浮かぶのは、竹生島です(撮影=嫁たぬき)。
 桜のトンネル。
160405_4
この見事な桜のトンネルの中をドライブできるのが、海津大崎の大きな魅力の一つですよねぇ(撮影=嫁たぬき)。
 そして、高島市にひっそりと咲く、おっちゃんの大好きな無名の見事な桜たち。
160405_5
国道161号線バイパスからひときわ目を引く巨木。また少し大きくなったような気がします。
 清水の桜のように、地元の皆さんのお墓を守ってきた二本の巨木。
160405_6
下にも何やら花が咲き乱れて実に見事でしたが、これ以上ズームアウトするとお墓が写ってしまいますので遠慮しました。
 フィニッシュは大津市蛍谷の医王寺の巨木。
160405_7
どの木も、今年も見事な姿を見せてくれました。来年もまた、元気で会いましょう。
 今年は時間の都合で京都府和束町の西岸寺のしだれ桜には会えませんでしたが、また日を改めて様子を見に行きたいと思います。毎年のことですが、木を大切に守ってこられた地元の皆さんに、改めて感謝したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月14日 (日)

ことしの造幣局

 ことしも嫁たぬきと造幣局の通り抜けに行きました。
Dcim3521_640x480
「鬱金」(うこん)が満開です。花弁の外側がほんのり緑色を帯びているのがわかるでしょうか。花芯のピンクとの対比が美しい。
 おっちゃんの大好きな「御衣黄」(ぎょいこう)。
Dcim3528_640x480
鬱金よりも花弁の緑色がはっきりしており、少し縮れたような感じが印象的です。開花から日がたつと、花芯のピンク色が花弁にも広がっていき、独特のグラデーションになります。
 白い大輪の花が清楚な「鐘馗」(しょうき)。
150411
染井吉野みたいにみっちり密集して咲く品種よりも、近くで見るにはこれくらいまばらに花があるほうが、目が疲れないので好きです。
 ことしの桜「一葉」(いちよう)。
150411_2
うっすらピンクの美しい八重です。
 おっちゃんの大好きな「須磨浦普賢象」(すまうらふげんぞう)。
150411_3
何が好きって、このうつむきかげんに咲く控えめな感じと、鬱金を思わせる薄緑の花弁と山桜のように赤みを帯びた葉の対比のしっとり落ち着いた美しさ。マニアックですかねぇ(笑)
 造幣局の外、大川沿いの公園にも桜がたくさんあります。
150411_640x480
山桜もあるんですね。清楚でいいですねぇ。
 さてと、桜を愛でた後にすることといえば、やっぱりご想像通り…(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月17日 (日)

2014年櫻の旅

 春恒例の「櫻の旅」に4月5日に急きょ出掛けることにしました。今年は予想以上に桜の開花が早く、天気はあいにくの雨でしたが、予定を前倒ししました。
 お馴染み「清水(しょうず)の桜」(滋賀県高島市)。
Photo
見事に満開です。翌週では完全に遅いですね。やっぱり来てよかったです。海津大崎の千本桜もネットや新聞では「5部咲き」となっていましたが、ほぼ満開でした。
 そして、おっちゃんの大好きなマキノ地区の1本桜たちを回って…
Photo_2
雨だと桜の花が映えないですね。写真もあまり撮れませんでしたが、いつも行く木はすべて回ることができました。
 石山(大津市)まで戻って、医王寺の桜。
Photo_3
いつ見ても、ほんとにデカい。
 信楽をかすめて和束(京都府)に抜けて…
Photo_4
西岸寺のしだれ桜も満開です。地図によると「渡岸寺」とあったんですが、街道から境内へと続く細い参道の入り口に古い石碑があり、それに「西岸寺」とあるのを見つけましたので、そちらに従い表記することにします。
 初めて境内まで登って、この見事なしだれ桜をウラから撮影してみました。
Photo_5
桜越しに見る街道沿いの集落が何ともいえず風情があります。この木はここで何百年、下の街道を行き来する人々を見てきたのでしょうか。
 和束を後にする頃には、雨もほとんど上がっていました。あいにくの天気な上、午後から予定がありましたので、いつも以上に駆け足でしたが、春の訪れを嫁たぬきとともに満喫することができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)